読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千日のブログ 家と住宅ローンのはてな?に答える

千日のブログは住宅ローンの金利予測と最新ニュース、不動産の購入マニュアルとして多くの方にご支持いただいています。他にも色々雑多なようで一本芯の通ったエントリーを心がけてます。それは家族とホームです。ダイヤモンド社のザイ・オンラインで「千日の住宅ローンの正しい選び方」も連載中!

Sponsored Link

落下リスクに備えるベストなスマホケースの選び方に答えます

Sponsored Link

落下による故障がスマホ故障原因のトップです

どうも千日です。妻に続いて私も新しいiPhoneを予約しました。iPhone6s plusです。プラスは大きいので、操作中に落として壊してしまったいう噂を聞きました。
 
では、どの位の人が不注意からスマホを故障させてしまっているんでしょうか。
 

5人に1人はスマホを故障させたことがある

ネオマーケティング「スマートフォンケースに関する調査」2014年6月4日によると、スマホを故障させたことが無いという人は79.9%です。ということは20.1%、5人に1人は壊したことがあるということです。
 
これは意外ですね、もっと少ないと思ってました。
意外と壊してる人は多いんですね(^_^)a
 

故障原因のトップは落下

ネオマーケティング「スマートフォンケースに関する調査」2014年6月4日より
スマートフォンの故障の原因(複数回答n=161)
5人に一人がスマホを故障させたことがある。スマホの故障原因、1位落下40.4%、2位水没29.2%
スマホの故障原因のトップは落下による衝撃40.4%、次いで水没29.2%です。水没の原因も多くは「水に落とした」でしょうから、手やポケットからの落下がダントツだということです。
 
日本でiPhoneが発表されたのが2008年7月11日です。でもってこの調査が2014年6月4日です。
 
  • 約6年間の間に5人に1人がスマホを故障させた。
  • そのうち7割は落下が原因
 
これから、スマホをずっと使う訳ですから、地球に重力がある限り『落下させてしまう』ことを前提にケースを選んだ方が良さそうですね。
 
スマホケースは落下衝撃に耐えるものを選ぶ
 
 

どんなシーンで落下させてしまったか

重力がある限り落下させないようにスマホを使うことはできません。あ、常に寝そべって使えばイケますね。
 
しかし、寝そべって使う以外にも落下を未然に防ぐ為の方策は取れるはずです。どんな場面でスマホを落としてしまったかにそのヒントがあるはずです。
 
ネオマーケティング「スマートフォンケースに関する調査」2014年6月4日より
スマートフォンの落下の原因(複数回答n=86)
スマホ落下原因1位は操作中に手から、2位と3位はポケットから(上着とズボン)、4位は机など置いてある状態から。
  • 操作中の手からの落下 44.2%
  • ズボンやスカートのポケットからの落下 37.2%
  • シャツなどの上着のポケットからの落下 26.7%
  • 机などに置いてある状態からの落下 20.9%
  • 子供による過失 3.5%
  • その他 4.7%
ポケットからの落下とは何でしょうか?ポケットに穴が空いていた?んな訳ないでしょうね。
 
恐らく『取り出す時に手が滑った』というのが最も多く、その次に『かがんだり、しゃがんだり等、姿勢を変えた拍子に落下』でしょう。
 
実に約7割近くがみすみす自分の手から落としているんですね。滑ったり引っかかったりという可能性を減らすことも大事です。
 
滑りにくい材質、シンプルなデザインを選ぶ
 

最近、手帳型(Book型)でスクリーンをカバーするデザインのケースを目にしますけど、アレはせっかちな千日は落としやすいですね。

 

  • 片手で開こうとして落とす
  • ポケットにカバーの部分が引っかかって落とす
 

 

それでも落としてしまったらどうする?

スマホが手から地面に落ちる運動は等加速度直線運動です。
約160㎝の高さからスマホが地面に到達するまでの時間は約0.5秒、速さは5.6m/秒です。
 
空気抵抗なく物体が落下を始めて、ある距離に落下するまでの時間と速度は下記の計算式によって導かれます。
 
h=落下距離
g=重力加速度=9.80665
経過時間=√2h/g
落下速度=√2gh
 
千日が自分で計算したんじゃなくてこちらのサイト自由落下 - 高精度計算サイトに数字を入力しただけです、高校の物理は赤点でした、エヘヘ。
 
リアルな例を示します。
 
  • 人間が視覚に対して単純な動きで反応するまでの時間は0.15秒から0.3秒と言われます。
  • ウサイン・ボルト選手のスタート直後の速さは秒速4.01mです。ちなみに横綱白鳳の立合いの速度もその位だそうです。
 
どうでしょうか?一度手から離れてしまったスマホをキャッチするのがどれほど困難なことかがお分かり頂けたと思います。
 
塚原卜伝ならキャッチするかもですね。
 
通常人の我々の場合は、とっさに手などを伸ばすとかえって遠くにスマホを弾き飛ばしてしまい、被害を拡大させてしまう可能性の方が高いでしょう。
 
そもそも不注意で落としたんですから、心身のコンディションも最悪なはずです。
 
落ちていくスマホをただ凝視する
 
 

壊してしまった場面で最も多いのはトイレ

しかしさすがに便器へのホールインワンは避けたいところです。トイレなどで便器に落ちそうな場合は最後まであがきましょう。
 
トイレでスマホを水没させる人は意外に多いようです。最近、トイレの個室でスマホを弄ってなかなか出てこない人が増えてるみたいですね。
めっちゃ落ち着く…
その気持ちは分からないでもないですが、その便器をより切実に必要としている人がいるのです。
 
ネオマーケティング「スマートフォンケースに関する調査」2014年6月4日より
スマートフォンを故障させたシーン(複数回答n=161)
スマホを壊した場所1位はトイレ、2位は洗面所、3位は雨(屋外)。
 
トイレスマホは控えましょう
 

以上、千日のブログでした。

千日が答えますカテゴリー記事の一覧
お勧め記事