千日のブログ 家と住宅ローンのはてな?に答える

千日太郎が送る住宅ローンの最新ニュース、ほぼ毎日21時にYouTube生配信、失敗しないマイホームの購入から返済計画のバイブルとして、多くの方からご支持頂いています。

千日のブログ 家と住宅ローンのはてな?に答える

千日太郎が送る住宅ローンの最新ニュース、毎日21時からYouTube生配信、失敗しないマイホームの購入から返済計画のバイブルとして、多くの方からご支持頂いています。

毎日更新!日米金利の最新動向➤
毎月更新コロナ金利先読み住宅ローンランキング➤
毎月更新コロナ禍の借換ランキング➤

毎月更新コロナ禍の借り換えランキング

最終更新:2021年7月30日17:59

私を含め、家を買った数年でまさかこんな事態になることは想定していませんでしたよね。

新型コロナウイルスの環境下、今後の収入見込みが減少する中で、3つの側面から住宅ローンの借り換えを提案します。

  1. 毎月の返済額を少なくする借り換え
  2. 金利の変動リスクを少なくする借り換え
  3. 手元の資金を増やす借り換え

今の住宅ローンよりも一つの項目で効果があるなら、検討する価値があります。

住宅ローンの借り換え金利は毎月初めに発表されますので、月ごとに最適となる借り換えパターンと借り換え先は変わってきます。それをリアルタイムにランキング形式で解説します。

特に、新型コロナウイルスが金利に及ぼす影響に加え、金融機関の動向をも勘案してランキングを行っています。

そして、最新の住宅ローン金利予想をyoutubeに投稿しています。リアルタイムに更新しています。チャンネル登録と🔔マークをタップしておけば、最新の更新情報を見逃しません。

千日太郎YOUTUBEへのチャンネル登録はこちら

トクする借り換えのプレイリスト|千日太郎のYOUTUB動画

ランキングに掲載する住宅ローンは各銀行の商品の中で最も実質金利が低い商品に今後の金利情勢を加味し、表記の実行月に有利となる商品を先読みしており、公認会計士 中村岳広事務所の監修のもと作成しています。

変動金利の借り換え金利予想

変動金利は基本的に横ばいの中で徐々に下がる思われます。

リーマンショック以後、日銀は景気を上向かせるために政策金利を下げることで、短プラを低い水準に抑えています。そして、日銀が政策金利をマイナス0.1%にまで下げても、さらにこのコロナ不況下でも、短プラはこれ以上は下がらず今に至っています。

つまり変動金利は、今の水準が底でありこれ以上は下げられない水準まで下がっているという状況なのです。

短期政策金利と短期プライムレートの推移2020年

しかし、住宅ローンを売る金融機関からすると、低金利をアピールしやすいということもあり、コロナ状況下でも「期間限定」という謳い文句で金利を下げて借り換えを促しています。

実質的な金利はすこしずつ、じりじりと下がっています。

変動金利への借り換え戦略

既に変動金利で借りている人は将来の金利上昇リスクを負っています。コロナ不況下で銀行が借り換えを対象に金利を下げているタイミングでより低金利の変動金利に借り換えることで以下の効果があります。

  1. 毎月の返済を少なくして貯蓄を増やし、金利上昇に備える。
  2. 適用金利を下げて、将来上がったときの影響を少なくする。
  3. 低金利の変動金利で借り換え費用も含めて融資してもらい、手元に資金を残す。

こうした借り換えに最適な変動金利をランキング形式にしました。5年ルールと125%ルールの適用がある変動金利に限定しています。

変動金利の2021年8月金利

金利順位(最適な人) 1位(史上最低金利の3年固定)
住宅ローン名(金融機関) ネット専用住宅ローン3年固定(三菱UFJ銀行)
金利 3年固定0.34%←史上最低(以降店頭金利-1.75%)
事務手数料(税込) 借入額×2.2%
メリット(注目)
  • 女性向け特典として出産予定・直後の金利を優遇する。出産前から出産後6ヵ月以内に申し出ると、そこから1年間、適用金利よりさらに年0.2%優遇される。
  • 借り換え諸費用を含めることができる。また残期間を延ばすこともできる。(「35年」-「住宅取得時に借入れた住宅ローンの経過期間」まで)
  • 固定期間が終わった後の金利引き下げ幅が業界トップクラスであり、3年固定は基準金利から1.75%の引き下げになる。頭金が少ないが、今後の収入増又は安定が見込める人に適合する。
デメリット(注意)
公式サイトはこちら
金利順位(最適な人) 1位(5年125%ルール有り0.3パー台の変動へ借り換える人)
住宅ローン名(金融機関) 変動金利(auじぶん銀行)
金利(金利タイプ/プラン) HPご確認%(変動金利/全期間引き下げプラン)
事務手数料(税込) 借入額×2.2%
※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となる。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定される。
メリット(注目)
  • 借り換え諸費用を含めて借り換えることができ、じぶんでんきや携帯電話とセット契約で金利の引き下げがある。加えて金利上乗せなしでガン50%保障と全疾病保障が付く。(加入できるのは50歳まで)
  • 変動金利の5年ルールと125%ルールの適用がある。5年間は毎月返済額はそのまま、1度に上がる毎月返済額は従前の125%までが上限となる。
デメリット(注意)
  • 金利が上がったらいくら支払額が増えるか金利が上がったらどうする?シミュレーションで把握しておこう。
  • 借り換えによって現在の借入期間を延ばすことは原則できない。
  • 借り換えによってペアローンをやめて1つの契約にまとめることはできない。
公式サイトはこちら
金利順位(最適な人) 2位(変動か固定か対面で相談したい人)
住宅ローン名(金融機関) 対面で相談→ミスター住宅ローンREAL変動金利(SBIマネープラザ)
金利(金利プラン) 0.410%(通期引き下げプラン)
事務手数料(税込) 借入額×2.2%
メリット(注目)
  • SBIマネープラザはネット銀行でありながら全国的に実店舗があり、業界最低金利の変動金利とフラット35保証型を比較シミュレーションした上で申し込みが出来る。
  • 通常の団信に加えて全疾病保障(精神疾患以外の全ての病気とケガ)が金利上乗せなしで付く(加入に年齢制限なし)。
  • 借り換え諸費用、同時に行う増改築費用を含めることができる。また残期間を延ばすこともできる。(「35年」-「住宅取得時に借入れた住宅ローンの経過期間」まで)
  • 変動金利の5年ルールと125%ルールの適用がある。5年間は毎月返済額はそのまま、1度に上がる毎月返済額は従前の125%までが上限となる。
デメリット(注意)
公式サイトはこちら
金利順位(最適な人) 3位(今後出産や転職の可能性が高い人)
住宅ローン名(金融機関) 変動金利(三井住友銀行)
金利 0.475%~0.675%
事務手数料(税込) 借入額×2.2%
メリット(注目)
  • 本人もしくは配偶者の産休、育休、時短勤務、転職、単身赴任の転勤などのライフイベントで一時的に返済が難しくなった場合、手数料5,500円(税込)で最大6か月の返済を利息分のみにすることができる(最大10回、都度審査あり)。
  • 借り換え諸費用、同時に行う増改築費用を含めることができる。また残期間を延ばすこともできる。(「35年」-「住宅取得時に借入れた住宅ローンの経過期間」まで)
  •  返済額5年間一定ルールと返済額見直し125%ルールの適用があるため、金利が上がっても5年は元利均等返済は変わらず、6年目からの返済額は直前の125%までが上限となる。
デメリット(注意)
公式サイトはこちら

変動金利から固定金利に借り換える

10年前の2010年ごろの超長期固定金利のフラット35の金利は2.5%(団信別)前後で、団信を入れると2.9%くらいでした。それがでは1.3%台と半分になっています。

「固定金利にしたかったけど、当時は固定金利が高くて…」

という人には、今は借り換えのチャンスです。以下のようなメリットがあります。

  1. 低金利の固定金利なので、毎月返済額の負担増が少ない。
  2. 借り換え費用も込みで借り換えできて、手元に資金を残せる。

そして、固定金利には長短の固定期間があり、固定期間が長いほど金利が高くなります。完済を予定する期間に合わせて固定金利を選ぶと良いでしょう。

10年固定金利の借り換え金利予想

主要銀行の10年固定はコロナショックから変わらず0.5%台を維持していましたが、2021年も低位安定となっています。5月の金利は横ばいの予想が的中しました。

10年固定金利への借り換え戦略

以下のどちらかに当てはまるケースでは10年固定金利への借り換えがおススメです。10年固定は各銀行が金利競争をしているタイプなので低金利でお得です。

  • 40代後半~50代の給与所得者で、定年まで10年くらいの人
  • 将来の住み替えを、転勤子供の成長に合わせて考えている人

住宅ローンの返済期間は定年までではなく、より長めにとっていると思います。しかし、それは定年後も今と同じ返済を続けるということではなく、繰り上げ返済して定年までに完済するということでしょう。ならば固定期間は現役の期間までで十分なはずです。

また、将来住み替えを想定しているのであれば、その時点で住宅ローンを完済することになります。さほど長い期間にわたって金利を固定する必要は無いですね。

10年固定金利の2021年8月金利

金利順位(最適な人) 1位(ガン50%と全疾病団信付き10年でほぼ完済可能な人)
住宅ローン名(金融機関) 10年固定金利(auじぶん銀行)
金利(金利タイプ/プラン) HPご確認%(10年固定/当初期間引き下げプラン)
事務手数料(税込) 借入額×2.2%
※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となる。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定される。
メリット(注目)
  • 10年固定で住宅ローン控除の恩恵を得た後、全額繰り上げ返済する作戦。
  • 借り換え諸費用を含めて借り換えることができ、じぶんでんきや携帯電話とセット契約で金利の引き下げがある。金利上乗せなしでガン50%保障と全疾病保障が付く(加入できるのは満50歳まで)。
デメリット(注意)
  • 固定期間終了後の基準金利からの引き下げ幅は-0.8%しかない(主要銀行で最低レベル)。10年後に完済するか半分くらい繰り上げ返済する計画を立てよう。固定期間終了時の残高を比較シミュレーションで把握しておこう。
  • 借り換えによって現在の借入期間を延ばすことは原則できない。
  • 借り換えによってペアローンをやめて1つの契約にまとめることはできない。
公式サイトはこちら
金利順位(最適な人) 2位(1日入院でゼロ円となる団信付き11年目以降も借りる人)
住宅ローン名(金融機関) ネット専用住宅ローン3年固定(三菱UFJ銀行)
金利 10年固定0.69%(以降店頭金利-1.5%)
事務手数料(税込) 借入額×2.2%
メリット(注目)
  • 固定期間が終わった後の金利引き下げ幅が業界トップクラスであり、10年固定でも1.50%の引き下げになる。
  •  0.3%上乗せで付けられる7大疾病保障(3大疾病保障充実タイプ)は対象疾病で1日の入院でもローンがゼロ円となる。医療現場を知る医療関係者に人気(加入できるのは満50歳まで)。住宅ローン控除で保険料0.3%の負担は相殺される。
  • 借り換え諸費用を含めることができる。また残期間を延ばすこともできる。(「35年」-「住宅取得時に借入れた住宅ローンの経過期間」まで)
デメリット(注意)
公式サイトはこちら

20年固定金利の借り換え金利予想

長期金利はコロナバブルで一時急上昇しており、3月から4月にかけて金利を上げた銀行が多かったです。5月の金利は下がるとの予想が的中しました。

20年固定金利への借り換え戦略

以下のどちらかに当てはまるケースでは20年固定金利への借り換えがおススメです。10年固定に次いで銀行間の競争があり、銀行によってはかなり低金利の商品を出しています。

  • 30代後半~40代前半の給与所得者で、定年まで20年くらいある人の場合
  • 今後住み替える予定は無い人の場合

定年まで20年ならば固定期間も20年で十分なはずですね。また、住み替えの予定がなければ、できるだけ長い期間にわたって金利を固定できる方が安心です。20年もすればかなり元本が減っていますから、もしそのときに金利が上がっていたとしても、何とでもなりそうです。

金利を固定する期間が長いほど、金利は高くなります。10年固定ほど安くはないですが、30年の超長期固定金利よりは安い金利で借り換えることができます。

10年固定はほぼ変動金利という考え方ですので、20年固定は変動と固定のちょうど真ん中あたりの位置づけと言えそうですね。

20年固定金利の2021年8月金利

金利順位(最適な人) 1位(ガン50%と全疾病団信付き20年でほぼ完済可能な人)
住宅ローン名(金融機関) 20年固定金利(auじぶん銀行)
金利(金利タイプ/プラン) HPご確認%(20年固定/当初期間引き下げプラン)
事務手数料(税込) 借入額×2.2%
※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となる。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定される。
メリット(注目)
  • 定年まで約20年の40代に適合する。低金利で固定し住宅ローン控除の恩恵を得た後、定年までに全額繰り上げ返済する作戦。
  • 借入諸費用も借り換え額に含めることが出来る。じぶんでんきや携帯電話とセット契約で金利の引き下げがある。金利上乗せなしでガン50%保障と全疾病保障が付く(加入できるのは満50歳までなので注意)。
デメリット(注意)
  • 固定期間終了後の基準金利からの引き下げ幅は-0.8%しかない(主要銀行で最低レベル)。20年後には完済するか多額の繰り上げ返済する計画を立てよう。固定期間終了時の残高を比較シミュレーションで把握しておこう。
  • 借り換えによって現在の借入期間を延ばすことは原則できない。
  • 借り換えによってペアローンをやめて1つの契約にまとめることはできない。
公式サイトはこちら
金利順位(最適な人) 2位(借り換え手数料を抑えたい人)
住宅ローン名(金融機関) 20年固定(新生銀行)
金利(金利プラン) 20年固定0.85%(固定セレクト住宅ローン)
事務手数料(税込) 定額55,000~
メリット(注目)
  • 低金利に加えて融資手数料が定額で55,000円からなので借り換えにかかる資金を節約できる。
  • 通常の団信(死亡と高度障害)に加え、所定の要介護状態が180日以上継続した場合、または「要介護3以上」に認定されると住宅ローンがゼロになる。
デメリット(注意)
公式サイトはこちら

30年超固定金利の借り換え金利予想

フラット35買取型については2月から3月にかけて機構債の表面利率は前月から0.05ポイント上昇となりました。 フラット35の金利(買取型)は2月から3月にかけて0.03ポイントの上昇、3月から4月で0.02ポイント上昇と急激な上昇を緩和しています。

5月のフラット35金利は0.01ポイント下がると予想しています。

住宅金融支援機構は非営利団体であるため、金利上昇時に融資金利の上昇を抑えるという対応があり得るので基本的にお勧めです。

30年超固定金利への借り換え戦略

以下のどちらかに当てはまるケースでは30年超の超長期固定金利への借り換えがおススメです。

  • 30代前半の給与所得者で、定年まで30年くらいある人の場合
  • 今後住み替える予定は無く住宅ローンの残期間が25年超ある人の場合

金利を固定する期間が長いほど、金利は高くなります。高くなった分はいわば金利上昇に対する保険料です。

長く金利を固定するつもりだから、その分の上乗せ保険料を利息として払うという考え方です。

30年超固定金利の2021年8月金利

金利順位(最適な人) 1位(国内最低金利の全期間固定に借り換えたい人)
住宅ローン名(金融機関) スーパーフラット借り換え 35年固定 団信不加入(ARUHI)
金利 0.95%
事務手数料(税込) 借入額×1.1%(web申し込み割引後)
メリット(注目)
  • 団信に加入しない場合0.28%引き下げとなる(他行は0.2%の引き下げ)。30代前半まででデスクワークなら民間生命保険の方が保険料が圧倒的に安く保障も厚い。
  • 借り換え費用も含めることができ、残期間を延ばすこともできる。(「80歳」-「年齢」と「35年」-「住宅取得時に借入れた住宅ローンの経過期間」いずれか短い方)
  • 実行後は住所変更を通知するだけで賃貸への転用が可能(民間銀行では厳しくチェックされる)。
デメリット(注意)
  • 30代後半あたりから民間生命保険と団信の保険料が均衡してくる。
  • 「S」等の当初期間の金利引き下げはない。借り換え前に「S」の適用がある場合、借り換えによって金利引き下げが無くなる。
  • 返済負担率(年収に占める年間合計返済額の割合)は年収400万未満の場合30%以下、年収400万以上の場合35%以下でなければならない。
  • 団信を付ける場合はARUHIの一般団信となり、機構団信の身体障害保障は付帯しない。
公式サイトはこちら
金利順位(最適な人) 2位(全疾病団信に加入し2番目の低金利で借り換える人)
住宅ローン名(金融機関) 対面で相談→フラット35保証型(SBIマネープラザ)
webで申込→フラット35保証型(住信SBIネット銀行)
金利 1.21%
事務手数料(税込) 借入額×2.2%
メリット(注目)
  • SBIマネープラザはネット銀行でありながら全国的に実店舗があり、業界最低金利の変動金利とフラット35最低金利を比較シミュレーションした上で申し込みが出来る。
  • 借り換え費用も含めることができ、残期間を延ばすこともできる。(「80歳」-「年齢」と「35年」-「住宅取得時に借入れた住宅ローンの経過期間」いずれか短い方)
  • 団信込みのフラット35で最も低金利、全疾病保障が金利上乗せなしで付く。若くて病気のリスクは低くてもケガで長期入院の可能性がある職業に適合する。
  • 実行後は住所変更を通知するだけで賃貸への転用が可能(民間銀行では厳しくチェックされる)。
デメリット(注意)
  • 銀行指定の一般団信への加入が必須となる。ただし全疾病保障に落ちても一般団信に通れば融資可能。
  • 「S」等の当初期間の金利引き下げはない。借り換え前に「S」の適用がある場合、借り換えによって金利引き下げが無くなる。
  • 返済負担率(年収に占める年間合計返済額の割合)は年収400万未満の場合30%以下、年収400万以上の場合35%以下でなければならない。
公式サイトはこちら
金利順位(最適な人) 3位(身体障害保障が付く団信に乗り換えたい人)
住宅ローン名(金融機関) ARUHIフラット35(ARUHI)
金利(借入割合) 1.28%
事務手数料(税込) 借入額×1.1%(web申し込み割引後)
メリット(注目)
  • 国内唯一、身体障害保障が付帯する団信に加入できる。障害者手帳(1級又は2級)の交付という明確な条件で住宅ローンがゼロ円になる。
  • 例えば糖尿病で人口透析が必要になると障害者手帳2級が交付されるので、いわゆる疾病保障に似た保障が金利に含まれている。
  • webで申し込むことで通常2.2%(税込)の融資手数料率が1.1%(税込)になる。
  • 借り換え費用も含めることができ、残期間を延ばすこともできる。(「80歳」-「年齢」と「35年」-「住宅取得時に借入れた住宅ローンの経過期間」いずれか短い方)
  • 実行後は住所変更を通知するだけで賃貸への転用が可能(民間銀行では厳しくチェックされる)セカンドハウスにも融資可能。
デメリット(注意)
  • 「S」等の当初期間の金利引き下げはない。借り換え前に「S」の適用がある場合、借り換えによって金利引き下げが無くなる。
  • 返済負担率(年収に占める年間合計返済額の割合)は年収400万未満の場合30%以下、年収400万以上の場合35%以下でなければならない。
公式サイトはこちら

フラット35は住信SBIとアルヒ、どっちで借り換えるのが正解?

借り換えを決めるにあたっては多くの要素があるのですが、大きく2つの側面があります。

  1. 資金繰りと総支払額から決める
  2. 団信の保障で決める

住宅ローンで重要なのはまず1.資金繰りと総支払額です。その切り口で答えが出なかった場合に2.団信の保障やその他の付加サービスを検討に入れます。

アルヒか住信SBIかどっちにする?(資金繰りと総支払額の側面から)
借り換え費用を余裕でキャッシュで払える?
YES  NO 
定年まで30年超ある?
YES  NO 
住信SBIフラット35保証型 住信SBIとアルヒ両方OK アルヒスーパーフラット借換

まずは資金繰りとして、借り換え費用をキャッシュで払えるか?が分かれ目です。もし手持ちの資金に余裕がないなら、web申込で借り換え費用が半額になるアルヒがおススメです。

借り換え費用が十分にあるなら、住信SBIネット銀行で借りることで、毎月の返済はより少なくなります。総支払額でも少なくなるのは残期間30年くらいが境目です。

ただし、どちらにしてもそんなに劇的な違いはなかったですね。

アルヒと住信SBIどっちにする?(団信の保障の側面から)

健康状態が良好で一般の団信に加入できる?

YES

NO

家系的に若いときのがんや生活習慣病にリスクを感じている?

YES

NO

そのため既に手厚い医療保険に入っている?

YES

NO

住信SBIフラット35保証型

住信SBIとアルヒ両方OK

アルヒスーパーフラット借換

一般の団信に加入できて既に手厚い医療保険に加入しているなら特に住宅ローンの団信に拘る必要はないですから、住信SBIネット銀行のフラット35(保証型)がおススメです。

一般の団信に加入できないなら、団信不加入かワイド団信かを選べるアルヒスーパーフラット借換がおススメです。

 

借り換え審査と同時に現在の銀行に金利交渉を!

上記の借り換え審査に出すとの同時に、ぜひやっていただきたいのが、現在の銀行に対する金利交渉です。

電話をかけて「金利の見直しをしてください」と言うだけ

交渉といっても何も難しいことではありません。自分の借りている銀行の最寄の支店または住宅ローンセンターなどに電話をして次のセリフを言うだけです。

「住宅ローンの金利を見直して欲しいのですが」

銀行員は優秀ですから、皆まで言わなくてもこれだけですべてを察してくれます。

金利を上げたい人はいない。下げてほしいと思っている。 そして、今の他行の金利は確かに数年前よりかなり下がっていて、ネットで公開されている。 ほとんどの人は借り換えた方がトクになる状態である。 これらのことは、すでに銀行の中の人は承知しています。

お客が電話をかけてきて「住宅ローンの金利を…」とまで聞けば、何をしてほしいかすぐわかります。

そして、やることは単純です。この人が他行に借り換えたらいくらトクをするのか?また、何パーセントまでなら金利を下げてもいいか?を銀行のコンピュータで計算し、銀行内で決裁するのです。

借り換えには何十万~の手数料がかかるが金利引き下げは3万くらい

そして、金利を下げるということになると、銀行に手数料を払って契約を書き換えます。その手数料はだいたい3万円くらいです。

低金利のネット銀行へ借り換えする場合は、上記のように借入額の2.2%の手数料が必要となり、さらに司法書士の報酬なども必要になります。例えば5000万の残高なら、手数料だけで110万円になりますね。

それと比べればかなりお安くなります。上記の借り換え審査に出すのと同時進行で、ぜひ交渉してください。

借り換えれば現在の銀行から保証料の返金がある

また、現在の銀行に借り換え交渉の電話をかける際に、ぜひ聞いておいてほしいのが「保証料の返金額」です。これは銀行が借り換えのシミュレーションをする場合も無視します。彼らが独自で計算できないからです。

保証料を一括前払いしている場合は、借り換えで全額繰り上げ返済することで、不要になった保証料を返金してくれるのです。

その保証料を預かっているのは銀行とは別の保証会社です。いくら返ってくるかは、保証会社でないと計算できないので、銀行の担当者を通じて問い合わせてもらうという方法でしか知る方法はありません。

これは、銀行にとって、一円のトクにもならず、コストがかかるだけなので、公表されていませんが、顧客から要請があれば、ちゃんと問い合わせて教えてくれます。言わなければ教えてくれません。

なので、保証料を前払いしている場合は、必ず銀行の担当者にいくら保証料が返ってくるのかも問い合わせ、把握しておくようにしましょう。これも含めて考えると、かなり借り換えメリットが大きいことがわかると思います。

保証料の返金額の早見表

では、だいたいの目安として全額繰上げ返済で前払いした保証料はどのくらい返ってくるのでしょうか?

こちらはざっくりとした金額を知るための早見表です。当初の借入金額を100万円として前払いする保証料と何年後に全額返済したらいくら返ってくるかという表です。

例えば、100万円を35年で借りた場合、前払いする保証料は20,610円です。そして、5年後に全額繰り上げ返済したら、12,709円返金されるということです。

例えば5000万を35年であれば、前払い保証料は1,030,500(=20,610×50)円であり、5年後に全額返済したら、635,450(=12,709×50)円返金されるということですね。これは大きいです。

(単位:円)

借入期間 経過年数 1年 2年 3年 4年 5年
保証料総額
5年 4,500 2,889 1,583 695 170 0
10年 8,544 6,747 5,201 3,887 2,790 1,895
15年 11,982 10,158 8,528 7,079 5,797 4,672
20年 14,834 12,998 11,331 9,822 8,458 7,231
25年 17,254 15,411 13,724 12,181 10,772 9,487
30年 19,137 17,291 15,593 14,032 12,599 11,284
35年 20,610 18,765 17,060 15,489 14,042 12,709
借入期間 経過年数 6年 7年 8年 9年 10年
保証料総額
10年 8,544 1,168 656 288 73 0
15年 11,982 3,692 2,848 2,131 1,531 1,040
20年 14,834 6,130 5,146 4,271 3,498 2,819
25年 17,254 8,318 7,256 6,293 5,423 4,639
30年 19,137 10,078 8,975 7,966 7,045 6,205
35年 20,610 11,482 10,354 9,317 8,365 7,492
借入期間 経過年数 11年 12年 13年 14年 15年
保証料総額
15年 11,982 653 361 159 40 0
20年 14,834 2,227 1,716 1,285 923 627
25年 17,254 3,935 3,306 2,746 2,250 1,814
30年 19,137 5,440 4,745 4,116 3,547 3,034
35年 20,610 6,691 5,958 5,288 4,676 4,118
借入期間 経過年数 16年 17年 18年 19年 20年
保証料総額
20年 14,834 393 217 96 24 0
25年 17,254 1,435 1,107 829 596 405
30年 19,137 2,574 2,162 1,796 1,472 1,187
35年 20,610 3,610 3,149 2,731 2,353 2,013
借入期間 経過年数 21年 22年 23年 24年 25年
保証料総額
25年 17,254 254 140 62 16 0
30年 19,137 939 725 543 390 265
35年 20,610 1,707 1,434 1,191 976 767
借入期間 経過年数 26年 27年 28年 29年 30年
保証料総額 31年 32年 33年 34年 35年
30年 19,137 166 92 40 10 0
35年 20,610 622 480 350 258 175
110 61 27 7 0

以上、参考になれば幸いです。