読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千日のブログ 家と住宅ローンのはてな?に答える

千日のブログは住宅ローンの金利予測と最新ニュース、不動産の購入マニュアルとして多くの方にご支持いただいています。他にも色々雑多なようで一本芯の通ったエントリーを心がけてます。それは家族とホームです。ダイヤモンド社のザイ・オンラインで「千日の住宅ローンの正しい選び方」も連載中!

Sponsored Link

【再開発】ズット(プラウド)シティの駅前ロータリーが完成、駅前ビル工期短縮への一抹の不安

マイホームとお金 マイホームとお金-物件選びと値引き交渉

Sponsored Link

工事中の尼崎市JR塚口駅前ズットシティの駅前ロータリーと駅前ビル

どうも千日です。今日は尼崎市のJR塚口駅前の再開発、野村不動産ズットシティに注目します。
今月の初めにちょうど立ち寄ったので駅からマンション工事の様子を激写してきました^o^
 

駅前ロータリーはほぼ完成、モデルルームを開発現地に移転

駅前ロータリー道路がほぼ完成してました。青い工事用の養生シートの右側手前にみえる四角いコンクリートは駅前ビルの基礎です。
 
道路の完成に合わせて、マンションのモデルルームを開発地の中に移転しましたね。
現地の中の方が広大な開発地を生で体感できるので、購入検討者に嬉しいニュースです。
 

2015年10月初旬

駅前ロータリーと道路、歩道が完成しました。

ズットシティ塚口駅前ロータリーは2015年10月にほぼ完成しました。
 

2015年8月中旬ごろ

約2ヶ月前はこんな感じでしたね。まだ地面は土だけでした。
2015年8月にズットシティの開発地を塚口駅から写した写真
 

塚口駅前ロータリーの今後について

尼崎市の『JR塚口駅東地区地区計画』地区計画等の届出及び一覧について 尼崎市公式ホームページによると、駅前ロータリーは、バスも発着出来るものとする、となってます。
 
市バスの停留所が出来る可能性もありますが、最終的には尼崎市交通局の決めることです。
 
既にJR塚口駅前の西側(ズットシティの反対側)には以下の4系統のバスが発着してます。
 
  • 阪神杭瀬行 JR尼崎(北)経由
  • 阪急園田行
  • 戸ノ内行 若王子経由
  • 阪急塚口行
 
今のままでも問題無いでしょうけど、西側と東側の間の導線は塚口駅しかありませんので駅前ビルへの導線が弱くなってしまいます。
 
あくまで予想ですが、東側(ズットシティ側)に移して来るんじゃないでしょうか。あくまで予想です。
 

JR塚口駅前ビルの完成予定は2016年5月末でした→4月2日に2か月短縮

現在基礎工事中ですが、工事現場の表示によると、完成予定は2016年5月31日のようです。下の写真から7か月後ですね。
2016年5月に完成予定のズットシティ塚口駅前ビルの基礎工事。隣接するマークフロントはほぼ立ち上がっている。
これは2015年10月に撮影した写真です。まだ基礎工事ですね。
 
空中の通路で繋がるマークフロントの方はほぼ立ち上がっています(写真右側)。マークフロントとの進捗度の違いが段違いです。
 
マークフロント入居時期は2016年3月(予定)です。つまり上記の写真の状態から4月2日にオープンに帳尻を合わせて来たということです。
 
  • 当初はあと7カ月の工期
  • それを5カ月に短縮
 
2ヶ月は大きいです。かなりのプレッシャーをかけたのでしょう。
 
美味しい時期をみすみす逃すことになるので突貫工事
 
私は関係ないんですけど、2か月も短縮して大丈夫でしょうか?老婆心です(^_^)a
 
駅前ビルに入る予定のテナントは、ズットシティの公式ホームページにあります。他にもオシャレなお店が入りそうな雰囲気です。
 
これがもし阪急なら鉄板なんですが、JR西日本不動産開発開発力はスゴイんですけど、オシャレにはちょっと弱いというのが若干の不安材料です。
 
下記は尼崎市の地区計画による駅前ビルを含む南地区の概要です。住環境と駅前商業施設としての賑わいを折り合わせた感じになってますネ。
 
建築が許可されている施設
  • ボーリング、水泳、ゴルフ練習場
  • カラオケボックス等
建築が禁止されている施設
  • 劇場、映画館等
  • パチンコ、麻雀屋
  • 風営施設
ちなみに、マークフォレストの建設予定地区である北地区は、住環境をさらに優先させているので、カラオケボックス等も禁止になってます。
 
ここ数日マンションの話ばかり書いてますが、普段は色々書いてる雑記系のブログです。よかったら色々読んで行って下さいネ^o^
この記事は2016年3月20日に更新しました。

以上、千日のブログでした。

物件選びと値引き交渉のカテゴリー

ズットシティ特集
価値分析と野村不動産値引き傾向
2016年1月の情報と現場写真
2016年2月の情報と近隣マンション相場への影響
千日のブログではマンションについて、幅広くお役立ち情報を公開しています。よろしければ合わせてお読みください。