読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千日のブログ 家と住宅ローンのはてな?に答える

千日のブログは住宅ローンの金利予測と最新ニュース、不動産の購入マニュアルとして多くの方にご支持いただいています。他にも色々雑多なようで一本芯の通ったエントリーを心がけてます。それは家族とホームです。ダイヤモンド社のザイ・オンラインで「千日の住宅ローンの正しい選び方」も連載中!

Sponsored Link

千日の住宅ローン無料相談.comサイト開設2カ月目で「踊り場」に入りました

初心者のブログ戦略

Sponsored Link

サイトのPVの伸びが止まりましたが相談は安定的に伸びています

どうも千日です。2016年12月9日に産声を上げた千日の住宅ローン無料相談.comが2カ月になりました。1か月目はこの千日のブログの七光りでグングンPVを伸ばしたのですが、ここへきてピタッと伸びが止まりました。

サイトが伸びていくプロセスでは踊り場のような「全く上がらない時期」「伸び悩む時期」というのがあるんです。

これを越えれば、新たなステージに入ることになります。そういったときはあまり数字を見ずにマイペースで続けるのがコツなんです。

f:id:sennich:20170212022914j:plain

なお、今までの1日の最高PV数は883で、通常はだいたい1日600PV前後で安定しています。千日のブログの従来からの読者様に支えられている感じですね。

どうも千日です。

と言って。

アラ千日さん。

という関係がある人の数が1日600PVなんですね。そういう事がわかることが、良くも悪くも新しいサイトを作る効果です。

これからの目標は安定して1日1千PVを超えることです。では、数字を見ていきましょうか。

目次

今週のお題「新しく始めたいこと」

ユーザ数・相談数・直帰率・PV

1カ月目に公表した各数値を並べてみました。千日の住宅ローン無料相談.comの初投稿日である2016年12月10日をスタートとします。

1か月目:2016年12月10日~2017年1月9日

2か月目:2017年1月10日~2月9日

です。

ユーザ数1,236人から3,987人に増加、そして新しい目標

  • Referral(千日のブログから来た人):913人⇒2,019人(+221%)
  • Organic Search(Yahoo!やGoogleなどで検索して来た人):179人⇒1,317人(+736%
  • Direct(ブックマークや直接URLを入力するなど):140人⇒628人(+449%)
  • Social(TwitterなどのSNS経由):4人⇒23人(+575%)

約3倍になりました。伸びてるじゃん!と思われるでしょうが、直近でこの伸びは止まっているのです。

うれしいのはOrganic Search(検索)の伸びが最も高いことですね。これの伸びがサイトそのものの力を意味しますので。

しかし、実はこの検索ワードがミソなんです。Seach Consoleで調べた検索ワードの上位5つは以下のようになっています。

  1. 住宅ローン 千日
  2. 千日 住宅ローン
  3. 住宅ローン 2月
  4. 千日 ブログ
  5. フラット35金利 予想

上位5位までのうち、3つに「千日」というキーワードが入っていますね。何のことはありません。サイトとしての強さで検索流入があるのではなく「アラ千日さん」パターンだということです。

でも、これは違う意味で嬉しい発見と新たな目標になりました。

  • 住宅ローンで「千日」がブランドになりつつある。

という発見です。

これは、嬉しい発見です。

Googleで「住宅ローン」の後にスペースを入れて「せn」まで入力すると検索候補として「住宅ローン 千日」というのが出てくるのは知ってました。

これが発展すると、検索結果の真下の「他のキーワード」や一番下の「関連するキーワード」にも出る可能性がありますよね?

もしもそこまでになったら、私人の運営するサイトとしては昇り詰めたといってもいいでしょうね。

これは新しい目標です。

相談数は20件から38件に増加

1カ月目はまだ千日のブログからの相談者もありましたが、2か月目は完全に無料相談.com経由に移行しました。

ですので、1か月目の相談数は実質30件位です。30件が38件に増加です。

これも嬉しいですね。

相談サイトですので、相談が無ければ成立しません。2か月目で堅調に相談が増えていますので、今後も途切れることなく更新を続けていくことができるという自信になりました。

実際、いくら無料って言っても本当に相談する人は少数派です。

え?ホントに相談をネタにしてるの?

プロの人ほど、ここについて意外に思われるみたいですね。 

100%ガチです。

実際に相談メールを送れば簡単に検証できると思います。投稿記事と同じレベルで回答していますから。

最近、ある雑誌社の方から「ざっくばらんに話しませんか?」とお誘いを受けまして、三宮の居酒屋で本当にざっくばらんに話をしたんですけど、その方も驚いてました。

「あれって本当にそういうことだったんですか?」

「そうっすよ、ガチっすよ」(ぐびぐび)

相談のメールはほぼ、そのまま記事にします。文章の表現も、ほぼそのままです。

読みやすいように順序を入れ替えたり、何度かやり取りして入手した条件を織り込んだりするのに編集することはありますが、そこでの言葉遣いなどは、できるだけ手を入れずにそのまま採用します。

それが楽だからではなくて(確かに楽ではありますが)それが「生(ナマ)の声」であり、そんなナマの文章表現に価値があると思っているからです。

それにそういう言葉遣いは、インターネットのユーザが検索で使う言葉でもあります。

少しくらい定義からズレた使い方であったり、正式な名称でなくても、その方がインターネットの検索では強いと考えています。

直帰率は45.97%から54.74%に悪化

直帰率は約10%上がってしまいました。最初の月は人数も少なかったですし、千日の読者様が一通りいろんな固定ページを見てくださったのが大きいと思います。

直近の直帰率は61.68%です。

どのあたりで収束するのか?というところですね。新規ユーザが増えてくることで直帰率が改善していくというのがベストな形ですが、そこは一つ一つの投稿記事のクオリティによるのでしょうね。

PVは8,500から21,200に増加

PV数は21,164PVでした。1カ月で延べ3,987人がサイトを訪れ、21,164のページを見たのですね。平均すると一人5.3ページ読んでくれていることになります。

良いのではないでしょうか。

固定ページを除くと、まだ記事数は50ほどです。まだアーカイブからすべての記事のタイトルを確認できる数ですね。

今後は投稿数も増えていきますので、カテゴリーを細分化したり整理して目的の記事を探しやすくする工夫が必要だと思っています。

まとめ~相談サイトではコメント欄は設定しません

メールではもちろんほとんどが相談案件なのですが、たまに相談者以外の読者の方から記事をほめてくださったり、感謝のメッセージを頂くことがあります。

考えさせられた。

参考になりました。

こういうメッセージはすごーく励みになります。相談者の方から感謝されるのとはまた違う喜びです。

本来的には、こういった物言わぬ多くの閲覧者を対象にしているのがこの無料相談.comなんですよ。

なので、コメント欄を設置してみようかな…と一瞬考えたのですが、やめました。

コメント欄にネガティブなコメントが書かれる可能性もあるからです。千日を攻撃対象にするのは全然かまわないのですが、相談者をターゲットにされると不味いですよね。

いくら匿名でも、それを目にしてしまったら相談したことを後悔せざるを得ないでしょう。相談件数にも悪影響が出ます。

なので、無料相談.comにはコメント欄を設置しないことにしましたが、メールでのサイトへのご意見や応援は大歓迎です。

皆様の声、ご相談をお待ちしています。

以上、千日のブログでした。

翌月のサイト運営報告はこちら

先月のサイト運営報告はこちら

千日の住宅ローン無料相談.com

千日のブログ-マイホームとお金のカテゴリー一覧