千日のブログ 家と住宅ローンのはてな?に答える

住宅ローンの最新ニュース、失敗しないマイホームの購入から返済計画のバイブルとして、多くの方からご支持頂いています。

Sponsored Link

住宅ローンの疑問は千日のブログに聞いてみよう~親愛なる読者様へ

Sponsored Link

よく分からないまま人生最大の契約に臨む?

どうも千日です。

マイホームの購入は人生最大の買い物です。

購入代金を調達する契約が住宅ローンで、これも人生最大級の契約です。

人生最大の契約といえば、結婚でしょうか。結婚の場合はお互いに結婚の初心者(せいぜいバツイチや2)である事が多いですが、住宅ローンの相手はプロ中のプロです。 

初心者が、百戦錬磨のプロを相手に人生最大の契約に臨む。 

これが家の購入と住宅ローンの特徴です。

なので、法律による規制で「プロ」を牽制して利用者の利益を守るようにしているんですが、いかんせん牽制止まりです。

  • 知らなすぎる利用者は守れません。
  • プロは法律の範囲内で利益の最大化を図ります。
  • 中には守らない輩もいます。

なので、住宅の契約や住宅ローンの契約で「何で?」と疑問に思ったら千日のブログに聞いてみて下さい。

f:id:sennich:20161120215538j:image

目次

公開情報は誰でも無料で入手できるけど

既にプロを規制する法律や住宅ローンの金利に関する情報はインターネットで誰でも無料でアクセス出来るようになってます。

ですから、ちゃんと順を追って勉強したり調べたりすれば、大きな失敗をすることがないようにできています。

でも、それぞれの情報が色んなサイトに分かれて存在しています。そして中にはあんまり関係ない情報も多いんです。

これから家を買おうという初心者が1から、必要な情報だけをピックアップして自分の中で整理していくのは難しいです。

 

無料で利用者のニーズに答えるサイトの思惑

なので、利用者のニーズからそれに答えるために不動産会社やその情報誌、住宅ローンを取り扱う銀行がホームページ等で分かりやすく噛み砕いて公表してます。

千日も初心者の頃はそういうサイトのお世話になりました。

しかし惜しいことに、 これらのサイト運営は元の不動産会社や銀行の利益の為にあるので「不都合なことは書かない」んです。

そういうフィルターがある事を前提に読まなくてはなりません。

無料なのには理由があるんです。

また、公表される情報はプロの目線から「おそらくこういうニーズがあるだろう」というものです。生の質問に答えるものではありません。

 

有料にすれば良いか?

自分だけのアドバイザーとして、プロを雇える人はまれです。また、そんな人は少ないですから、やる側もビジネスとして成立しないんです。

やってる人も居るには居るみたいで、読者様からそのレポートを見せてもらった事がありますが、不動産鑑定士の鑑定評価書と企業買収のデューデリジェンスレポートを足して2で割ったような内容でした。

それなりに手はかかってるんでしょうけど、一般の人がマイホームを購入する参考としては、どうかな?というものです。

また有料とした場合は、その情報はお金を払った人のみのものですから他の同じような状況で悩んでいる人とシェアされることがありません。

 

千日のブログを媒介に作る仕組み

千日のブログは個人が運営する匿名のサイトです。不動産会社や銀行のサイトのようなリアルの社会的な信用力はありません。

しかし、書いている内容は広く認知されているんです。

現に今読んでいる読者様のうち多くは、日銀の総括やトランプ氏の大統領当選といった大きな社会経済ニュースから、住宅ローンの金利がこれからどうなるのか?インターネットを検索して一番に目に飛び込んできた当ブログを読んだことがきっかけでしょう。

実を言いますと、これって比較的珍しいことです。

それだけ重大なニュース、住宅ローンという重要な財産に関わる情報は『信用』が第一なんですが、どこの馬の骨とも知れない匿名の個人ブログが新聞社のニュースサイトよりも上位に表示される。

その理由は、手前ミソですけど、書かれている内容に匿名の個人というハンデを上回る価値があるからです。

 

特定の企業と利害関係が無いサイト

千日のブログは、第三者配信による広告サービスを利用しています。サイト内にところどころある広告がそれです。

このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

つまり、住宅ローンについて色々検索されている読者様のモニター画面には、不動産会社の物件情報や銀行の住宅ローン、消費者ローンなどの広告が出やすくなっています。

この広告の仕組みは、千日のブログが広告主とねんごろだからではなく、Googleを通して広告主が入札し、その都度、最も高い値段を付けた企業の広告が表示される仕組みです。

どこの企業の広告を出るかは、千日のコントロール外のことです。

なので、千日が『経済的な理由で特定の業界や企業に肩入れする』ということはありません。基本的に消費者サイドに立った記事を提供しています。

企業にとってはおそらく、『不都合なこと』も書いています。

こちらの記事なんかは良い例です。

コメント欄に銀行員らしき人からお叱りを受けました。

融資実行日は綿密に決めることであって、金利が安いからといった利用者のわがままでコロコロ変えられるものではありません。

実務を知らずにいい加減なことを書くな。

すぐ消しました(コメントを)。

金利が安いから変更を交渉するのはわがままではなく、債務者として当然のニーズであり、千日は実務を知っており、書いていることはいい加減なことじゃ無いからです。

千日が知らないのは『実務』ではなく、融資の『現場』です。

おそらく、トランプ氏の当選直後に長期金利が乱高下して融資実行日の変更交渉が殺到し、融資担当者がその対応に忙殺されたのでしょう。

でもね、それが市場というものです。

結果的には12月の金利が上がるということがほぼ確定的になったので、それ以降はかなり減ったと思います。

 

業界のみならず社会全体が良くなるサイクルを回す

銀行員と思しき方からお叱りを受けましたけど、確かに千日のブログに書いた記事で短期的には迷惑が掛かったかもしれません。

しかし、ゴメンナサイとは言いません。

融資の審査には1カ月から2カ月くらいの時間がかかりますし、かなり事前に将来の融資予定日に向けて、ほぼ確定させておかなければ、間に合わないというのが現状です。

それで二の足を踏む消費者もいるでしょう。

千日の記事によって、ある程度ならば融資実行日の修正が可能という実務を知ることによって『ならば住宅ローンを利用してもいいかな』と思う人もいるわけです。

既に千日のブログは多くの人の目に晒されるようになりました。短期的に迷惑が掛かると分かっていても、お互いがフェアに情報を持っていることの方が、長期的にはプラスに働くと考えていますので、ありのままに公開します。

そういうサイクルを回そうとしているのが千日のブログです。

どうか、長い目で見て頂ければと思います。

 

千日のブログの価値の源泉と質問の方法

千日のブログは、とても価値あるサイトですが千日自身に価値があるんじゃないです。書いていることは、基本的に誰でもアクセスできる公表された情報からできています。

しかし、公開されていてもその情報の使い道を理解している人は少ないです。

  • ニーズ(疑問)に対して、公開された情報のソースを示しながら回答する。
  • 現時点で分からないことについては、『なぜわからないか』という理由を回答する。

相手は知っているけど、自分だけが知らずに損をするということが無くなります。

また、自分が分からないことに関して、相手も分からないということが分かるだけで全然違いますよね。

一部の業界人や専門家だけが利用しているリソースを、住宅ローンを組もうとする初心者の誰もが理解して使えるように、橋渡しをするのが千日のブログの価値です。

そういうサイトは今のところ、千日のブログ以外にはありません。

 

質問やリクエストに無料で答えることが価値を創る

ですから、生のニーズに基づく、生身の質問やリクエストが千日のブログの価値を作るんです。

なんでタダで答えてくれるの?

と聞かれますけど、読者様に提供している情報の源泉はもともと目の前のパソコンの中に無料で公開されているものです。

一方で千日のブログの価値を作っている、ニーズの源泉はまさに今、家を買おうとしている読者様の中にしかありません。

そして、そのニーズを無料で公開する千日のブログは、企業側にとってもヒントになる情報が含まれているんです。企業の看板を背負っていては入手できない種類の生の声ですからね。

 

質問はコメント欄でもメールでも

コメント欄に記入した投稿者名と質問は公開されます。メールアドレスを入れるようになっていますが、メールアドレスは公開されませんし、千日自身も見ることは出来ません。

公開されない形で質問をしたい方のためのメールアドレスはsennich.brog@gmail.comです。

どちらの方法でもいいです。

コメントもメールも常に千日が持ち歩いているスマートフォンにリアルタイムで直送されるようになっています。

基本的に24時間以内にレスポンスします。 

 

回答はメールもしくは記事で行います

質問に答えるために、住宅ローンの残高や物件価格、自己資金などをお聞きすることがありますが、年収月収などは原則として聞きません。答える際に返済額を月収の何割に抑えてくださいと言えば済むことですからね。

  • お答えした内容を後日、記事にすることもあります。
  • 直接記事でお答えすることもあります。

そもそも、ノウハウを広く共有することが価値の源泉であり、目的ですからその点はご了承ください。

記事にする場合は、個人を特定できない形をとります。そもそも匿名の質問に対して答えるので私も個人を特定できていません。

流れとしてコメント欄に質問を書き込んだ方の件だと推測できることはあるかもしれませんが、そこはご了承ください。

 

将来予測に関する注意事項

千日のブログでは将来の予測について言及することがありますが、特に金融市場については今後どう動くか分かりませんので、購入の決定、住宅ローンに関する最終決定は、くれぐれもご自身の判断でお願いしますね。

ブログで記載した数値や将来の予測は、発表時点での状況に基づき私が予想したものであり、潜在的なリスク・不確実要因が含まれています。

実際の金利の動きは、過去に千日のブログで公表した将来予想に関する記述と大いに異なる場合があります。

Sponsored Link

 

まとめ~ブログランキングに参加する考え方

もしも、この千日のブログを良いサイトだと評価していただけるのであれば、スマホならばページの一番下、PCならばサイドバーにある、ブログランキングサイトの『このブログに投票する』ボタンをクリックしてください。

そのランキングサイトに飛びますが、ただそれだけです。

ランキングサイトには住宅ローンに関連する他のサイトがあります。昔は、そういった他のサイトに読者を取られるんじゃないか?と思ってこういったボタンを設置していませんでした。

でも、考えてみたら他のサイトはライバルじゃないんですよ。いずれにせよ、千日のブログのような位置づけのサイトは、今のところ他には無いんです。

むしろ、このようなランキングサイト内での順位を上げることによって、より多くの人に知ってもらって質問やリクエストを受ける機会を増やすことの方がよりメリットがあるんです。

かなりの大風呂敷を拡げましたが、もしも千日のブログを応援してやろうと思って頂けるなら、読んだついでにポチリとお願いします。

 

以上、千日のブログでした。

《あとがき》

最近、トランプさんが大統領に当選して検索から千日のブログに来られる人が増えましたので、お題を募集するには良い機会と思いました。

この時期ではなくても随時、受け付けています。

よろしくお願いします。

2016年11月20日

関連記事

マイホームとお金のカテゴリー