読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千日のブログ 家と住宅ローンのはてな?に答える

千日のブログは住宅ローンの金利予測と最新ニュース、不動産の購入マニュアルとして多くの方にご支持いただいています。他にも色々雑多なようで一本芯の通ったエントリーを心がけてます。それは家族とホームです。ダイヤモンド社のザイ・オンラインで「千日の住宅ローンの正しい選び方」も連載中!

Sponsored Link

千日の自己紹介とお勧めはてなブログ

Sponsored Link

どうも千日です。

今日は自己紹介をしたいと思います。ホントはつい最近2歳の誕生日を迎えた辺りでやる企画なんでしょうけど、そこは自由です。

何たって私が編集長兼ライターのメディアですからね。

千日のブログは「書く内容に価値を」というのがポリシーです。『私』が前に出ることは基本やりません。

今日は出張先の松山の鮨屋のカウンター(3番)で1人ということもあり、書き下ろしで公開したいと思います。

f:id:sennich:20161214232210j:image

リストラ千日

この千日のブログを書き始めた頃って多分、リストラ対象になって凄い勢いで肩を叩かれたてた時に書き始めてたと思います。

幸運にもウチの会社はそれでも牧歌的で、『ホントにワタシ要りませんか?』なんて、のらりくらりとかわしているウチに肩への攻撃は止みました。

 

肩を叩いた人も良い人だったんです。

 

そこまで悪者になりたくなかったんでしょう。会社も遵法生を重んじてましたし、私はそこにつけこんで『会社都合』という言葉が出ない限りは辞めるとは口にしませんでした。

しかしそういうのは、結果として精神にダメージが来るんですよね。「要らない人なのか?」という問いは繰り返し自分から自分にかけられるのにかわり有りません。

 

ブログへの考え方

ですから、私のブログは自分は要るの?という事を問いかけ、『要るんだよ』という答えを悲しいほど欲しているブログなんです。

スターなんていうよなSEOに何の役にも立たず、重いだけのモノを合理主義の私が付け続けているのは、そういう『合理的な』理由です。

私自身は役に立つモノ、なにかプラスになるモノをという事に血道をあげてますが、私が好んで読むのはそれと正反対のブログが多いです。

もちろん何の役にも立たないということじゃなくて、私が得意とするお金の話や社会経済問題などから遠いテーマを主にする、エッセイ的なブログです。

最終的にそんなブログも書けるようになりたいと思ってるんでしょうね。憧れなんです。

ただ今はまだそうじゃないんです。インターネットでもう少し何か出来るんじゃないかと思ってます。それが住宅ローンの特化サイトです。

しばらくはそれをやってみよう、2年育てたこのブログをそれに利用してみようと思ってます。

 

お勧めしたいブログ

1人語りはここまでとして、そんな私が好んで読んでいるブログを紹介したいと思います。はてな村で有名なブログは敢えて入れず、読者数が100人未満のブログをご紹介します。

 

とっておきですよ。

 

ビフウ-ウンテン

いつかこの人を紹介したいというのがずっとありました。

私がブロガーとして他の人のブログを読む時って何となくその内容よりも舞台裏みたいなものが透けて見えたり『あ、今日は時間無かったのかなとか』しますけど、この方の文章は完全に読者として読んでいます。

スタンスとして、それほど多くの人に読まれたいと思ってはおられないのか?と思ったりすることもあるですけど。

いやそんなことないですよね?

 

66歳   日の記し

私がブログを始めた頃から読んでいるブログです。こういう年上の方のブログで、心の中を本当に素直に文章に乗せてくる方って滅多に無いと思います。

毎日早朝に更新されます。

山菜さんのブログを読んで私の1日が始まります。『今日はやだなあ』という朝に、ブログを読んで何度か助けられた気がします。

一度一緒にお酒を飲んだりしたいなぁと思う方ですけど、ご本人はとてもシャイな方だと思うので…スターを付けたりごくごくたまにコメントをしたりというお付き合いです。

 

正統ではなく異端を、王道ではなく邪道を

タイトルとは正反対に、『まっとうなこと』を『まっとうに書く』 ブログです。今リンクを貼る為に見たら読者数は僅か4人!もっと読まれるべきです。

しかし、短くストレートな言葉が刺さるブログです。山菜さんも読者なんですね。

更新の頻度は最近少ないですが、是非遡って読んで頂きたいブログです。

 

番外編 白井さん

スイマセンブログタイトルは白井さんじゃないんですが、私には『白井さん』です。石川県七尾市の大工さんのブログです。

ご本人曰く『七尾市 バカ』で検索に出てくると言ってましたがホントですか?

何はともあれ、読んでいると日々の鬱屈がバカバカしく思える底ぬけにアレなブログです。番外編としたのは、あまりに毛色が違い過ぎてという意味もあります。

 

まとめ

以上、私の個人的な独り語りと、こんなブログも読んでみては?というお勧めでございました。

では、ブログを読む人も書く人も、良いブログライフを(-_^)

 

以上、千日のブログでした。

お勧め記事

昭和47年生まれの独白