千日のブログ 家と住宅ローンのはてな?に答える

千日のブログは住宅ローンの金利予測と最新ニュース、不動産の購入マニュアルとして多くの方にご支持いただいています。他にも色々雑多なようで一本芯の通ったエントリーを心がけてます。それは家族とホームです。ダイヤモンド社のザイ・オンラインで「千日の住宅ローンの正しい選び方」も連載中!

Sponsored Link

住宅ローンの団信に疾病保障を付ける?きれいごと抜きに答えます〜得な人と損な人

Sponsored Link

疾病保障付き団信の本質~入って得する人と損する人

どうも千日です。住宅は人生最大の買い物です。

大半の人が35年の長期のローンを組みます。通常の団信とは、返済中の死亡、また失明などの高度障害状態になった場合に債権者に保険金が支払われ、ローンが完済となる制度です。

これによって残された家族がローン返済に苦しまずに済み、家も失わないので路頭に迷うことは無くなります。

今日の話題は最近になって取り扱う銀行が増えている疾病保障付きの団体信用生命保険(団信)の本質と、入って得する人損する人についてです。

f:id:sennich:20161003124608j:image 

目次

団体で入る割安な生命保険

保険料の支払いは金融機関が住宅ローン利用者をまとめて団体で生命保険会社に申し込むので割安な上、年齢などによる差もありません。

つまり団信の正式名称は団体信用生命保険、長期間にわたる住宅ローン返済中のリスクに対する保険です。

 

保険料控除の対象にならない

個人所得税の生命保険料控除を受けられる保険は、保険金の受取人が本人や家族が対象のものです。

団信の契約者と保険金の受取人は、ローン契約者ではなく金融機関となりますので、控除の対象にはなりません。

しかし、後述しますが実質的に保険料は住宅ローンの金利に含まれています。

 

疾病保障付き団信のパターンと取り扱う銀行が増えた理由

この保険の仕組みを病気になったケースにも広げたのが、疾病保障付き団信です。

経済の先行き不安を背景に「返済中の安心感を」という借り主の要望が高まっていて、これに応える形でここ数年、取り扱う銀行が増えています…

なーんて言うときれいなんですけど、マイナス金利政策による歴史的な低金利で銀行の利益が圧迫されています。

住宅ローンにプラスαの付加価値を付けて「金利プラスαの収入を増やしたい」という銀行の思惑があるんです。

 

生命保険と住宅ローンは別物です

本質に立ち戻って考えましょうか。

節のタイトル通りなんですけど、生命保険と住宅ローンは別物です。そりゃそうですよね。

多額の債務があるんだから、特に入っておいた方が良いよ!

もちろん分かってますよ。しかし、賃貸だったら生命保険の必要性が下がるのでしょうか?

約定の家賃が払えなくなったら、即出て行かないといけなくなりますよ。家賃より住宅ローンの方が支払い額の交渉の余地は大きいです。

大黒柱が倒れるというリスクは、持ち家か賃貸に関係なく共通のリスク、家族のリスクなんです。

つまり、

生命保険の必要性は住宅ローンとは分けて考えた方が良い。

家は人生最大の買い物であり、長期の住宅ローンで多額の債務を負います。誰しも不安に駆られます。

つまりそれは、保険を売る側の視点に立てば、保険を売るのに最適なタイミングということなんです。

誤解しないで欲しいんですが「入ったら損」と言いたいのではありませんよ。よろしければ最後まで読んでから判断して下さい。

 

団信の保険料は住宅ローンの金利に含まれている

日本の住宅ローンでは殆どの金融機関で団信への加入が必須条件になっています。そして、団信の保険料は金融機関が負担する事になっていますね。

f:id:sennich:20160915092957j:image

選ばれる理由2:団体信用生命保険料0円│住宅ローン│りそな銀行 

 

ゼロ円って書いてますけど、本当はゼロ円じゃありません。

 

保険料は金融機関が払っていますけど、それを払った上で利益の出るような金利に設定しています。

 

という事です。

仮に保険料がすこぶる上がって赤字になりそうになったら全体的に貸し出し金利を上げるんです。

経済的実質は保険料を利用者が平均的に負担している。

これが千日的にはしっくり来るんですね。

 

…しかしちょっと待って下さい?

 

  • 団信の保険料は経済的に利用者が負担する。
  • しかし、団信の契約者と保険金の受取人は金融機関ですね。

 

経済的な実質と契約関係に捻じれが生じているんです。つまり、団信は金融機関の為に住宅ローン利用者がコストを負担して入る保険なんですよ。

平たく言いますと、

金貸しに生命保険を掛けられて利息から保険料を取られている。

f:id:sennich:20160915230420p:image

ちょっと表現はアレですが、間違った事は書いていませんよ。

ただ、もしも大黒柱が倒れたらローン残高がゼロになり、遺された家族が路頭に迷わなくて済むというメリットがあるから日本での商慣行として成立し定着しているのです。 

 

団信加入が必須条件なのは日本の民間金融機関に特有の慣行

日本で民間金融機関の住宅ローンを借りるには団信への加入が融資の必須条件になっていますよね。

でもね、コレって本当はおかしいんです。

  • 銀行は住宅に対して第一順位の抵当権の設定を受けた上で、その不動産価値で回収出来る分しか融資しません。
  • 住宅は債務者にとって生活と人生の基盤ですので経済的に困窮しても最後まで払いきろうと強くコミットする債権です。

債務者に生命保険を掛けなくても、十分に回収可能性が高い優良債権なんですよ。

ですから、国の出先機関である住宅金融支援機構が貸し出すフラット35については団信は義務づけられていないんです。

10-2. 団体信用生命保険は必須?:長期固定金利住宅ローン 【フラット35】

 

アメリカで団信に入る人は少数派

ちなみにアメリカでは義務ではありません。

アメリカの団信は、Mortgage Life Insurance または Mortgage Protection Insurance と言い、普通は住宅ローン契約の際や契約直後にローン会社から勧誘がありますが殆どのアメリカ人はこの保険には加入せず、一般の生命保険に加入するそうです。

以下の理由だと言われています。

  • 掛け金が長期間同じなのに万が一何かあったときの保険会社からの支払いは返済で減った住宅ローンの元本金額である。
  • 住宅ローンの元本は返済で年々減っていくので、年数が経つと、掛け金の割りに保険金が低くなり、加入者としては掛け金の割りに損をしていく感じ。

アメリカの団信は日本と違って割高なんですね。健康診断に問題があって一般の生命保険に加入出来ない人が、しょうがなく加入するのがアメリカの団信です。

 

疾病保障付きの団信に加入する際の注意点

民間の金融機関から住宅ローンを借りる時は団信への加入が必須という事で慣習化されてますから、自分だけイヤだとは言えません。

イヤなら他所へ行ってくれと言われるだけです。

どうせ入るなら、ついでに疾病保障も付けた方が良いのか?悪いのか?について答えます。

大まかに3つの保障パターンがあります。

f:id:sennich:20160915232512p:image

  • ガンと診断されたらローン残高がゼロになるパターン。
  • 急性心筋梗塞や脳卒中などで60日以上、所定の症状が継続したらローン残高がゼロになるパターン。
  • 特約で長期入院中の返済を保険で肩代わりし、一年以上になるとローン残高がゼロになるパターン。
対象となる病気

対象となる病気は❶がん、❷がん、急性心筋梗塞、脳卒中の3大疾病、❸3大疾病に高血圧症や糖尿病などを加えた7~9大疾病、❹その他の病気も含めたタイプなど。契約には別途、保険料がかかるのが一般的です。

保険料の支払い方法

保険料の支払い方法は団信によって異なりA.ローンの金利に0.2から0.3%程度上乗せ、B.ローン残高や年齢などによって保険料を決定、に大別されます。

A.はローンを組んだ時の年齢に保険料の金額は左右されませんが、B.は年齢が高いほど保険料も高くなります。

A.は中途解約できないことが多く、加入できる年齢や保障が終了する年齢も、団信ごとに異なります。

ここまで読んで団信の肝の部分を理解したなら自ずと導かれる2つのセオリーがあります。

  1. 年齢によって損する人と得する人がいる。
  2. ローン残高が減ると保険料が減るが保険金も減る。

 

保険料の負担が一律で損をするのは若い人、得をするのは年寄り

生命保険は若い時に加入したら保険料は安いですよね。年を取ってから入ると高いです。

例えばローン残高の0.3%が上乗せという事は?

  • 若い人は本当は0.3%未満の保険料だけど0.3%負担している。
  • 年寄りは本当は0.3%超の保険料だけど0.3%の負担でよい。

全く同じ条件で一般の生命保険と比較する事は出来ません。

が、A.のケースで3千万円を固定金利1%で借り、35年で返済(元利均等払い)で疾病保障付き団信の保険料が0.3%上乗せされると、完済までに約180万円の負担増になります。

そういう所から推測すると、かけ捨ての生命保険と比較すると、損か得かの分水嶺は概ね30歳から35歳位でしょう。

 

ローン残高と保障が比例する

団信はローン残高に一定率が上乗せになる保険料の体系です。 

という事は、ローン残高が多い前半は高い保険料の代わりに保障額も大きくなります。ローン残高が少ない後半は安い保険料の代わりに保障額も小さくなります。

ローン残高のリスクに対応したコストだ。

とも言えますけど、

健康のリスク人生のリスクには非対応です。

子供が成長し教育費がかさむ時に大黒柱が病気に倒れた。繰上げ返済して住宅ローン残高は僅かになっていたので、疾病保障付き団信で僅かな住宅ローンの債務が無くなっただけだった…

前半にも述べましたが、住宅ローンと生命保険は別個に考えるべきなんです。

はじめのうちは住宅ローンの残高は何千万もありますから保障が手厚い印象があります。

しかし、住宅ローンは長年の返済によって減って行くのです。一方でがんや3大成人病にかかるリスクが高くなるのは、人生の後半ですよね。

  • 健康のリスクの高い人生の後半になるほど保障額が少なくなっていく

これが、千日が団信は金融機関の為の保険と考える一番の理由なんです。団信に疾病保障を付けただけでは安心ではありません。

最初と同程度の保障を付与するには、ローン残高とライフステージに合わせて別途生命保険を掛ける必要性があります。

Sponsored Link

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。「何となく付けといた方が安心かな…」と思いながら読み始めた人が、

「もうちょっと良く考えてから決めよう」

「生命保険の見積もりも取ってみよう」

となって頂ければ、このエントリーの目的は果たされた事になります。

絶対に付けた方が良いとか、悪いとか言う事はありません。

自分の人生と保険に潜在するリスクを良く検討して納得した上で決断すれば「こんなはずじゃなかった」というような後悔は避けられます。

千日のブログを読んだ方が後悔の無い、良い決断をされれば、それが何よりの喜びです。

 

以上、千日のブログでした。

《あとがき》

この記事はお題を下さい千日に きっと誰かの役に立ちます - 千日のブログ 家と住宅ローンのはてな?に答えるにコメントでご相談くださったまろまろママさんへの回答のうち、団信について補足する記事です。。

まろまろママさんだけでなく、他の方の参考にもなるように書きました。

お題は随時募集してますので、どうか遠慮なくお寄せくださいね。

2016年9月15日

お勧めの記事

住宅ローンのリスクに備える

決断に迷ったら本質に立ち返ろう

住宅ローンと税金カテゴリー