読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千日のブログ 家と住宅ローンのはてな?に答える

千日のブログは住宅ローンの金利予測と最新ニュース、不動産の購入マニュアルとして多くの方にご支持いただいています。他にも色々雑多なようで一本芯の通ったエントリーを心がけてます。それは家族とホームです。ダイヤモンド社のザイ・オンラインで「千日の住宅ローンの正しい選び方」も連載中!

Sponsored Link

ダイソンの布団クリーナーv6マットレス+をレビューしますアレルギー対策にお勧め

Sponsored Link

ダイソンのハンディ布団クリーナーの使用動画

どうも千日です。ダイソンの最新ハンディクリーナーdyson v6 mattress+を買っちゃいましたので、レビューをしたいと思います。

妻はハウスダストアレルギーでこの蒸し暑い夏でも目が痒くなったりするんです。で、色々検討した結果ダイソンに決めました。

ダイソンのハンディクリーナーは写真の通りかなりコンパクトですね。しかしその吸引力は圧倒的です。

f:id:sennich:20160814005951j:image

実際の使用感や大きさや音を動画にも撮ってyoutubeにアップしましたので、興味のある人は見てみて下さい。

  • ベッドのマットレス掃除
  • エアコン掃除

ベッドのマットレスを掃除する動画では妻が使用していますので、女性が使う際の重さや、取り回しのし易さの目安になるかと思います。

目次

まずは開封の儀、3連発から。

箱を、

f:id:sennich:20160814000942j:image

開けまして、

f:id:sennich:20160814001002j:image

ズラリと並ぶアタッチメント。

f:id:sennich:20160814001026j:image

内容物は以下の通りです。

  • 本体
  • ミニモーターヘッド
  • フトンツール
  • ミニソフトブラシ(PCのキーボード等に便利)
  • ハードブラシ
  • 延長ホース
  • 隙間ノズル
  • コンビネーションノズル
  • 充電器

これに取扱説明書と製品保証登録カードが入っています。

 

ダイソンをダニのアレルゲン対策にお勧めする理由

アレルギーの原因となるダニの糞をベッドや布団から減らす根本的な方法は、パワフルな吸引力で直接吸い取ると同時に、ヒトの皮膚などのダニのエサを取り除くことです。

エサがなくなるとダニは生息し続けることができなくなり、その数は減少していきます。

ダイソンのハンディクリーナーは以下の特徴から購入の決め手になりました。

  • ダニの餌となる皮膚を強力に吸い取る。
  • 部屋の空気より綺麗な排気。

f:id:sennich:20160814025453j:image

ダニの生態とアレルゲン物質

ダニが好むのは暖かく暗い場所です。 布団やベッドのマットレスは恰好の繁殖場所なんです。

ダニは人のフケや垢などを餌としてますので、それらの微細なゴミが溜まりやすい布団やマットレスには一般的に200万匹以上のダニが住みついているそうです。

布団やマットレスに1日に剥がれ落ちる人の皮膚は、1~2g。剥がれ落ちた皮膚は200万匹いるダニのエサとなり、その皮膚を食べたダニは1日に20回以上の糞をします。

つまり布団やマットレスには1日に4,000万個以上のダニの糞が生産されている訳です。

皮膚炎や喘息などのアレルギーを引き起こす原因(アレルゲン)が、このダニの糞や死骸です。ベッドに座る度にアレルゲンが舞い散り、最低30分空中に浮遊します。

ハウスダストの乳幼児への影響

ウチでは妻ですけど、赤ちゃんや小さなお子さんが居るご家庭では特に心配ですよね。

f:id:sennich:20160814004847j:plain

子供は大人よりも鼻毛が少ないですから、ハウスダストを吸い込んでしまう量が多いんですよ。

特に赤ちゃんは免疫力が未熟ですので、生まれるまえは胎盤を通じて母親の血液から、IgGという抗体をもらって生まれてきます。

赤ちゃんは半年は風邪をひかないと言われるのはこの抗体のおかげなんですが、それは徐々に無くなって行くんです。

赤ちゃんのために空気清浄機を使用するご家庭も多いですが、空気中の埃やハウスダストだけでなく赤ちゃんが長く過ごす布団にも注意してあげたいですよね。 

ダイソンの掃除機が最適な理由

ダイソンのハンディークリーナーはダニを吸い取るのではなく、ダニの数を抑制するために、強力な吸引力でダニが餌としている人の皮膚を吸い取る事を主眼にしているんです。

とにかく吸い込む力という点ではダイソンの右に出るモノは無いです。

微細なハウスダストを吸い込む圧倒的な吸引力と排気の綺麗さという点で、アレルギー対策としては極めて有効な掃除機だと思います。

パワフルな吸引力こそ正義です。

f:id:sennich:20160814024856j:image 

また、排気の綺麗さもポイントです。その高い技術で0.3ミクロンの微細なハウスダストをも、吸引した空気から99.97%分離するんです。

これによってクリーナーからの排気は部屋の空気よりも綺麗になるんです。これが小さなお子さんの居る家庭やアレルギーに苦しむ人にお勧めしたい理由でもあります。

部屋の空気よりも綺麗な空気を排出します。

f:id:sennich:20160814025120j:image 

コードレスで軽量な取り回しのし易さ

ベットまわりはスペースが狭いので、やっぱりコードレスというのはありがたいです。そして1.63キロという女性や子どもでも持つことができる軽さも良いですね。

むしろ吸引力が強いので引き剥がすのに力が要ります。マットレスの上を掃除する時に持ち上げる事はほとんどないので十分軽いと思います。

一回の充電3.5時間で動ける時間は20分です。時間だけ聞くと短い気もしますが、ベッドのマットレス掃除の時間としては十分です。

f:id:sennich:20160814010019j:image 

ダイソンハンディクリーナーの弱点

良い点ばかりではなく、弱点についても書いておかねばなりませんね。

  • 短い持続時間

一回の充電で使用可能な時間は20分です。ベッド一つなら十分ですが、家の色んなところをちょこちょこ吸っているとすぐに時間切れになります。

そして切れるときは徐々に力が弱まるのではなく、前触れ無くブツッと終了します。

  • バッテリーの寿命と交換コスト

ダイソンv6マットレスプラスのバッテリーの充電可能回数は約500回です。

バッテリーはダイソンのサービスセンターで交換してもらう必要があり、価格は8,640円と送料540円の合計で9,180円です。寿命は約2年です。

  • 作動音

サイクロン式に特有な甲高い機械音です。しかしその感じ方には個人差があるでしょうから、動画の音を参考にして頂ければと思います。

マットレスでの使用動画

マットレスの掃除は妻が使用している所を千日が撮影しました。

音については電気屋さんで使ってみても、元々騒がしい場所ですから、家で使ったらどんな感じか、買ってみるまで分からないですよね。

音はサイクロン掃除機に特徴的な高い機械音ですが、使った感じでは普通のハンディクリーナーとそう変わらない感じですね。

ダイソンのホームページによると、この新製品で従来品から30%の静音化に成功したそうです。

それにしても掃除機特有の排気の臭いが全くしないのには驚きです。ゴミを吸い込んでいるハズなのに排気は完全に無臭で、むしろちょっと爽やかな風なんです。

ハンディクリーナーって手元からダイレクトに排気を浴びるんですよね。掃除機を使うときは無意識に息を止めるものですが、積極的に吸い込みたくなるような風が吹いて来ますよ。

ベッドのマットレスの微細なゴミが取れました

f:id:sennich:20160814002848j:image

2分位の掃除で千日夫婦が寝ているマットレスから取れたゴミです。サラサラした、まさにハウスダストという感じのゴミが取れました。

妻はかなりの綺麗好きで、毎日粘着テープのコロコロでベッドを掃除してるんです。

それでもこれだけのゴミが取れるんですから、強い吸引力で繊維の奥のゴミが取れている証拠だと思います。

ダニが見えるかな?

と目を凝らして見てみましたけど、見えませんでした。まあ、ダニを吸い込む事を主眼にしてませんからね。

エアコンや空気清浄機のフィルター掃除にも最適

  • とにかく強力な吸引力
  • とにかくクリーンな排気

エアコンや空気清浄機のフィルター掃除に最適です。
フィルター掃除をする時は排気から微細なハウスダストが排出されるので念のため屋外に出てやってたんですが、これなら室内で出来ますね。


そこで試しにエアコン本体を掃除してみました。出演は千日、撮影はブルータス(我が家にステイしている留学生19歳男子)です。


まずはtake1
千日「じゃ、やるよ〜手元だけ撮ってね」
ブルータス「ハイ」


(キュイーン…)


ブルータス「スコシ頭が入ってしまいました」
千日(うわここまで進行したか…)「…やり直し」


そしてtake2

かなりの吸引力なんですが、さすがに湿気でこびり付いた埃は吸い込めませんでした。


ブルータス「また頭が少しだけ入ってしまいましたが…」
千日「これ位なら問題ないよ」

……


彼がtake1とtake2の真の違いを理解するのは、もう少し先のことでしょう。

Amazon

以上、千日のブログでした。

お勧め記事

千日が答えますカテゴリー記事一覧

楽天