読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千日のブログ 家と住宅ローンのはてな?に答える

千日のブログは住宅ローンの金利予測と最新ニュース、不動産の購入マニュアルとして多くの方にご支持いただいています。他にも色々雑多なようで一本芯の通ったエントリーを心がけてます。それは家族とホームです。ダイヤモンド社のザイ・オンラインで「千日の住宅ローンの正しい選び方」も連載中!

Sponsored Link

家で簡単に出来る豪快牛丼15分クッキングと食べ方の作法

Sponsored Link

とにかく料理が早い千日妻のクッキング

どうも千日です。とにかくお腹が空いたらスグに食べたいですよね。今日は千日の妻が僅か15分で簡単にして豪快に牛丼を作るまでをレポートします。 

材料と分量(3人分)

  • 和牛切り落とし600g
  • ニンジン1本
  • 玉ねぎ1個
  • 糸こんにゃく
  • 市販のすき焼きのタレ適量

ニンジンと玉ねぎを適当にカットし、糸こんにゃく(アク抜き済み)を袋から出してザルで軽く水洗いします。

18時29分

f:id:sennich:20160614190833j:image

コレってすき焼きじゃね?

という言葉には耳を貸さず、すき焼き用の余ったラードをフライパンに伸ばします。

18時30分

f:id:sennich:20160614191138j:image

 

火にかけてから10分

火は終始強火、まずは玉ねぎをドバッと投入

18時31分

f:id:sennich:20160614191236j:image

 

くっ付いたオニオン達をさいばしで強引にバラけさせていきます。

まだバラけてないな、もう少しかな?という所でニンジンを投入。

18時31分

f:id:sennich:20160614191702j:image

ニンジンと絡めながら玉ねぎをグリグリやって行きます。

頃合いを見計らって(1分)牛肉を投入。

18時32分

f:id:sennich:20160614192151j:image

牛肉と玉ねぎ、ニンジンを絡めながらすき焼きのタレを適量ドバッと注ぐ。

18時33分

f:id:sennich:20160614192406j:image

牛肉の後は糸こんにゃく(アク抜き済み)を投入。

18時34分

f:id:sennich:20160614192627j:image

この後、たまに感覚ですき焼きのタレを投入しつつ、かき混ぜて行きます。

コレって、すき焼きじゃ?

という言葉に耳を傾けてはいけません。

しばらくすると、こんな感じで出来上がりです。

18時40分

f:id:sennich:20160614193059j:image

おお〜早い!

 

盛り付けました。彩りのニンジンが褐色の肉と良い感じですね〜。ああ、肉…

f:id:sennich:20160614190627j:image

さらに千日はそこに生卵をトッピングするんですよね。すき家では必ずトッピングは生卵派です。

f:id:sennich:20160614193547j:image

真ん中の瑞々しいオレンジが食欲をそそります。外で食べる時はこのギョクの周りを紅生姜で飾り付けをして悦に入るんです。

 

牛丼の食べ方生卵トッピングの2大流派

生卵のトッピングのやり方は大きく分けて2つの流派がありますよね。

 

  • 別の器に卵を割ってからかき混ぜる派
  • 丼に直接卵を割ってからかき混ぜる派

 

千日は写真のとおり直接派です

別の器に割ってからかき混ぜると、その器の方に少しだけ卵が残ってしまいます。卵をほんの少しも無駄にすることなく、食べつくすことに満足感を見出しているのです。

さらに丼の中心の所に箸で穴を掘ってそこに卵の黄身を沈めるんです。穴を掘らないと、黄身が滑ってどんぶりの端っこのところに流れてしまって、最悪の場合は外にダイブしてしまいますので。

そして、その中心の穴に箸を突っ込んで卵をかき混ぜ、徐々に周りのご飯を巻き込みながら穴の入り口を軸にして円錐形にかき混ぜます。

最終的には肉の下のご飯を完全に卵に絡ませることを究極の目的とするわけです。しかも表面の肉には一切、干渉させません(ここが結構大事なポイントです)。 

そして、おもむろにサラの肉に卵とツユの絡んだご飯を一緒に頂くんですよね。

この一連のやり方をすることが、牛丼を食べる時の儀式として『食べること』とほぼ同等の重みづけがされているのが、千日流なんです。

家で食べるときも同じです。アナタはどんな食べ方ですか?

f:id:sennich:20160615093820j:plain

 

以上、千日のブログでした。

千日のブログでは、めっちゃ役に立つ話、まあ役に立つ話、役に立たない話、様々取り揃えています。

グルメ記事も昔はたまに公開していたんですが、最近はご無沙汰でしたね。美味しいものを食べてる時が人間一番幸せだと思います。

牛丼については、人によって様々な食べ方があって、ひそかに他人の食べ方を観察するのも楽しいですよね。

千日グルメのカテゴリー