読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千日のブログ 家と住宅ローンのはてな?に答える

千日のブログは住宅ローンの金利予測と最新ニュース、不動産の購入マニュアルとして多くの方にご支持いただいています。他にも色々雑多なようで一本芯の通ったエントリーを心がけてます。それは家族とホームです。ダイヤモンド社のザイ・オンラインで「千日の住宅ローンの正しい選び方」も連載中!

Sponsored Link

結婚記念日を忘れる旦那の言い訳

昭和47年生まれ 昭和47年生まれ-独白

Sponsored Link

男は記念日を忘れる生き物だと言われます

どうも夫の千日です。危なく結婚記念日を忘れるところでした。結婚記念日は夫婦によってもその重要性はまちまちだと思います。
 
千日の妻は結婚して籍を入れるにあたり2つの事を千日に言い渡しました。
 
妻『ーツ、入籍日ヲ結婚記念日トスル』
 
千日『うん』
 
妻『一ツ、結婚記念日ヲ忘レルコトハ離婚理由ニナリウル』
 
千日『うん』(汗)
 
千日の家での結婚記念日はそういうヤバい日です。
 
 

男は結婚記念日に限らず日にちを記憶するのが苦手です

特に千日は苦手です。どのくらい苦手かと言うと、未だに平成と西暦の対応が怪しいです。ちなみに今は平成27年の2015年ですが、念のためこれで合ってるかググってみる程です。
 
また、千日は31歳の頃まだ自分は30歳だと思い込んでました。
 
知らない間に一年経ってたんですね。
 
その翌年、何かの折に自分の歳を計算して知らない間に2年歳を取っていたことに愕然としたものです。リアルに浦島太郎の縮小バージョンを体感するという、稀有な体験をしました。
 
凄く損した気分になりました。
 
 

そんな千日が今まで結婚記念日を忘れずに来たのは小さな奇跡です

凄いです。多分誰も褒めてくれないので、自分で褒めてみます。
お前は凄いよ、よくやった。

ありがとう。

 
ありがとう。
 
 

その日のスリル溢れる会話

千日『ただいまぁ』(完全に忘れてる)
 
妻『おかえりなさぁい』
 
千日『フウ疲れた』
 
妻『今日は早かったね』
 
千日『まあね〜』(少しの違和感)
 
妻『…』
 
千日『……』(ハッ!)
 
千日『………明日は結婚記念日だね』
 
妻『…そうだった?忘れてた、アナタよく憶えてたね』
 
千日『忘れる訳ないでしょ、明日どうする?あのレストランにしようか?』(笑顔)
 
 

このスリルと緊張感が伝わったでしょうか?

そして千日は翌日、知恵熱を出して会社を早退しました。レストランの食事も無しになってしまいました。
 
妻を愛しています。
 
指輪の裏に刻印された記念日をたまに見返して思い出すように努力してます。
f:id:sennich:20151026183434j:image
 

男は愛していても記念日を憶えられない

男が記念日を忘れるのは、パートナーを愛していないからではないことを、多くの女性に知って頂きたいです。
 
こういうことは夫が妻に言っても、彼氏が彼女に言っても当事者同士ですから『ナニ言ってんだ』てことになります。
 
女性読者の皆さん、どうか女性の口から『どうもそういうことらしいよ』という事を言って頂いて、回り回って千日の妻の耳に入れて下さい。
 
何卒、よろしくお願いしますm(_ _)m
 

以上、千日のブログでした。

《あとがき》
この日記を記してからもうすぐ1年になります。
先月に妻の誕生日を無事済ませて、最近何かを忘れているんじゃないか…とおもっていたんですが、次は結婚記念日だということを思い出しました。
しかし、まだ2カ月以上あります。
結婚記念日を1週間前、3日前と前日にメールで教えてくれるサービスとかないですかね?(切実)
2016年8月2日
全ての既婚者は後悔しているのか?に答えます

昭和47年生まれの独白カテゴリー記事一覧