読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千日のブログ 家と住宅ローンのはてな?に答える

千日のブログは住宅ローンの金利予測と最新ニュース、不動産の購入マニュアルとして多くの方にご支持いただいています。他にも色々雑多なようで一本芯の通ったエントリーを心がけてます。それは家族とホームです。ダイヤモンド社のザイ・オンラインで「千日の住宅ローンの正しい選び方」も連載中!

Sponsored Link

新築マンションはいくらまで値引できる?

マイホームとお金 マイホームとお金-物件選びと値引き交渉

Sponsored Link

電鉄系、電力•ガス系マンションデベロッパーの事業部長が考えること

どうも千日です。新築マンションは抽選になるほどの人気物件でない限りは、大なり小なり値引き交渉出来ます。

電鉄、電力、ガス系マンションデベロッパー

幾らまで値引できるか?マンションの購入を考える人なら誰しも知りたいことです。それが分かれば、ギリギリまで責めれると思っている人がいます。
 
ギリギリが分かっても意味ないんですよ
 
答えは簡単、ほぼ定価で買う人の方が多いからです。まともな物件ならギリギリ行く前に完売します。値打ちのある買い物とは、値引きしなくても完売するような物件を値引いて買うことです。
 
さて、今日の目次です
Ⅰ. 電鉄、電力•ガス系マンションデベロッパーの事業部長とは?
Ⅱ. タダでも要らないマンションとは?
Ⅲ. 己を知る=自分が本当に欲しいのは?
では始めますね。
 

Ⅰ. 電鉄、電力•ガス系マンションデベロッパーの事業部長とは?

生粋の不動産屋では無いことが多いです。生き馬の目を抜くという不動産業界からは一線を画する余裕が彼らにはあります。
 
例えば、電鉄系のマンションデベロッパーの事業部長は、もともとは親会社である鉄道会社からの出向だったりします。電力系もガス系も同じことです。
 
これで大丈夫?
 
本業の公共サービスの手厚い収益があるので大丈夫なんです。それにあまりアコギなことをすると、親会社の企業イメージに悪影響なので何事にも慎重ですし、公明正大にやろうとします。
 
良くも悪くも『優等生』です。
 

一定以内(5%位まで)の値引ならOKを出しやすい

定価で売れる物件であっても、一定以内の値引なら値引して早く完売したいと考える傾向が強いです。
 
財務的には基本的に余裕があるんです。その反面、滞留するということを事業部の評価という観点で嫌がります
 
前回のブログで書いたような優秀な営業マンであれば幾らまでの値引が通るか分かっていますし、売れている物件であえて値引の稟議書を上げることができるんです。

5%はショボいと思いますか?4千万円のマンションなら5%は2百万円です。

Ⅱ. タダでも要らないマンションとは?

安かろう悪かろうではダメです。インターネットで検索すると3割引きだの、1000万円引きだのといった凄い割引を営業マンから『引き出した』というような自慢話が出てきます。
 
これは本当にある話です。
 
しかし、あなたの目的は値引の記録ですか?このような大幅値引が出るマンションはそもそもそれ以下の価値のマンションです。
資産価値の低いマンション購入の失敗
  1. 売れずに空き室の多いマンションは一軒当たりの共益費、大規模修繕積立金の負担が大きくなる
  2. 売りたくても買い手はつかず、今度は自分が足下を見られる番になる

買った側『大幅値引を勝ち取った』

売った側『負の資産をカネを払って買ってくれた』

マイホームの購入は幾ら割引されても数千万円の買い物であることに変わりはありません。負の資産の購入のために数千万円の住宅ローンを負いたいとは、私は思いません。

それでも安いマンションを買いたいなら

  • 竣工後、1年以上経っても完売できない『家具付き棟内モデルルーム』
  • 決算月に安売りを始める、経営の危ない(施工コストもギリギリ)デベロッパーのマンション
このようなマンションは大幅値引が期待できます。自慢もできるでしょう。しかし当然お勧めしません。

値引しなくても竣工前に完売するマンションで5%位(数百万単位)値引してもらうのが賢い買い物です 

Sponsored Link

 

Ⅲ. 己を知る。あなたが本当に欲しいもの

彼を知り己を知れば百戦危うからず
言わずと知れた孫子の兵法からの引用です。敵の情勢をよく把握し、味方の情勢をよく把握していれば何回戦っても敗れることは無いという意味ですね。
 
前回の記事では敵として営業マンを知るためのヒント、今回の記事ではデベロッパーの事業部長を知るためのヒントを書きました。
 
敵を知るだけでは片手落ちです
 
自分がマイホームに何を望んでいるのか?これによく向きあって、値引や世間の評判といった雑音に惑わされないようにすることも大事なことです。

以上、千日のブログでした。

物件選びと値引き交渉カテゴリー
モデルルーム見学と間取り図のポイント