読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千日のブログ 家と住宅ローンのはてな?に答える

千日のブログは住宅ローンの金利予測と最新ニュース、不動産の購入マニュアルとして多くの方にご支持いただいています。他にも色々雑多なようで一本芯の通ったエントリーを心がけてます。それは家族とホームです。ダイヤモンド社のザイ・オンラインで「千日の住宅ローンの正しい選び方」も連載中!

Sponsored Link

鎌倉投信 新井和宏氏の目的とは?NHKの演出と陥りやすい誤解。投信の本質について

Sponsored Link

鎌倉投信 新井和宏氏の見ているものと投信の本質

どうも千日です。

このブログは2回に渡って公開したNHK総合の『プロフェッショナル 仕事の流儀 新井和宏』の備忘録の最終回です。
 
新井和宏氏が運用責任者を務める鎌倉投信では信託財産の投資を行う一方で、得た利益を元手に『まだ小さくて銀行から融資を受けられなくても社会に貢献しようとする会社』低金利で融資しています。
番組の後半は鎌倉投信に融資を申込んで来たフェアトレードを営む会社の融資をするか否かがヤマ場となっています。
 

融資をしたい理由

  • その高い社会的意義
  • 従業員はその理念と信念を共有し高いモチベーションで仕事をしている

融資をためらう理由

  • 従業員の待遇が低水準である
  • その一方で多くの仕入先に代金を前払いし、厚遇している
  • 融資資金の用途は更に取引を拡大し途上国へのサポートを増やすこと
今は良くてもいつか皆疲弊してしまうのでは?
安い金利であっても融資をすることが会社のリスクを増大させることになるのでは?
と考えます。
 

最終的に融資するのか否か?

興味のある方、ここが番組構成上の1番の見所です。金曜深夜の再放送で確かめて下さい。
 

今回の記事で千日がフォーカスするのは新井和宏氏の目的についてです

ネタバレは含みませんのでご安心を
 
新井和宏氏はさらに詳細に検討するために会社から決算書をはじめ様々な営業資料を入手し徹底的に分析します。
 
そして投資のプロとして感じた現状の問題点を経営者に伝えるシーンがあります。具体的な会話の内容は音楽とナレーションによって視聴者には分からないようになっていますが…
 
千日的には、これだけでコンサル料が発生するレベルだと思いますね。
 

番組の見せ方として『なんて良心的なんだ!』という共感を煽る感じ…

そうじゃありません
 
やったことに成果が無ければプロフェッショナルではないのです。ここで言う『成果』とは運用責任者として信託に投資した人達の資産を増やすことなんです。
 
このような助言を今、無料で行うことがひいては投資家の財産を増やすことにつながるからなんです。
 

フェアトレードの代表者は新井氏に『融資という形で私達の活動に参加して欲しいのです』とうったえます。新井和宏氏はそれに対してはYesともNoとも答えません

何故なら、新井和宏氏の澄んだ眼差しの先にあるのは途上国の人達ではなく、信託の投資家だからなのです。

大事なポイントであり新井和宏氏の目的を理解する上で欠かせない部分です

社会的意義のある企業に投資し、その安定成長が自らの財産を増やすことにも繋がる。
 
しかし、得た利益を単に慈善事業に投じるという信託に多くのカネが集まるでしょうか?
 
否です
 
ある程度は集まるでしょうが、それでは慈善団体への募金と変わりありません。あくまで投信として投資対象の企業価値を見ているのです。
 
一見、慈善活動のように見える行動ですが、投資家としての基本をぶれさせません。
あくまで経済活動の中で社会を良くする好循環を作り出そうとしているんです。
 

ビジネスパートナーとの違い

番組はあたかも鎌倉投信の新井和宏氏が投資対象の企業のよきビジネスパートナーであるかのような演出になっています。
 
むろん新井氏の『あたたかい金融』は、既存の金融のイメージを覆すような素晴らしいものです。
 
肝に命じておかないといけない点は新井和宏氏が投資対象の企業の理念に『共感』しこそすれ、『共有』することは無いということです。
 
目的の共有というビジネスパートナーシップの条件についてはこちらの過去記事ジョジョの奇妙な冒険 第5部の名言に見るビジネスパートナーシップと信頼 - 千日のブログでも題材にしましたね。
 

彼の目利きで投資対象となる企業であることが大前提なのです

金融or投資としての基本は何も変わらない

よくグルメ番組などで、優れた料理人の作る料理に対して『⚪︎⚪︎の域を超えた』などと評することがありますが、それと同じです。
 
けして別の料理になるわけでは無い
 
千日は前2回の記事では新井和宏氏を持ち上げまくりました。最後に落とすのか?と思われるでしょうが、特にそういうつもりはありません。
そもそも嫌いだったら3回に渡って記事にしたりしません(^_^)a
 
新井和宏氏の取り組みは素晴らしいと思います
 
  • 番組の見せ方がちょっと感情を煽るような構成になっていて
  • 新井和宏氏が慈善事業家かタニマチっぽく見せられている感じで
  • むしろ投資家としての上述の本質を掘り下げて欲しかったのに少し勿体ない
というのが千日の感想です。
しかし、なかなか面白い番組です。よかったら観た感想などコメント頂ければ嬉しいです!

再放送は5月16日金曜深夜1時10分から1時58分NHK総合です。
 
最後まで読んで頂きありがとうございました。以下は前2回の記事です。

以上、千日のブログでした。

社会•経済ニュースの読み方カテゴリー

一流のプロに学ぶビジネス書読み方
投資は「きれいごと」で成功する――「あたたかい金融」で日本一をとった鎌倉投信の非常識な投資のルール

投資は「きれいごと」で成功する――「あたたかい金融」で日本一をとった鎌倉投信の非常識な投資のルール

  • 作者: 新井和宏
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2015/04/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)