千日のブログ 家と住宅ローンのはてな?に答える

住宅ローンの最新ニュース、失敗しないマイホームの購入から返済計画のバイブルとして、多くの方からご支持頂いています。

Sponsored Link

バナナが街から消えた!? そんなバナナ大学

Sponsored Link

Sponsored Link

バナナが売り切れ

私A「諸君らは知らないだろうが、実は緊急事態が発生した」

 
私B「そんなバナナってか、寝言は寝て言え」
 
私C「タイトルにセンスが感じられないね、安易な駄洒落じゃん」
 
私A「ふざけてる場合じゃない。これを見ろ、我が家から半径3km圏内のスーパーマーケットの同時刻帯の青果売り場の写真だ」
Aグループ
f:id:sennich:20150204001901j:plain
スーパーマーケットL
f:id:sennich:20150204001916j:plain
スーパーマーケットM
f:id:sennich:20150204001622j:plain
 

私B「なん…だと…?」

 
私C「バナナが全部売切れだ!」
 
私A「スーパーマーケットMにいたってはほんの少ししかスペースが割かれていない。写ってないがバナナ以外の果物はちゃんとあるんだ。諸君、これは深刻なバナナ不足に突入したと考えるべきだろう」
 
私B「どうするんだ?これではミックスジュースが作れなくなってしまうぞ、いつぞやのやわらかな日 イカリホットケーキとミックスジュースの朝食 - 千日のブログ 家と住宅ローンのはてな?に答えるみたいなオシャレ記事が書けなくなる」
 
私C「それだけじゃないよ、バナナのシュガースポットにはリン脂質という果物には珍しい物資が含まれてて、胃の粘膜を保護するんだよ。ミックスジュースは慢性胃潰瘍の妻ちゃんの生命線なんだ」
 
私B「セリフが説明的だぞ。今までバナナがあんなに沢山あって安かったのは、中国とフィリピンが南シナ海の領有権を巡って対立してて、中国がフィリピン産バナナを輸入制限してるからなんだ。なんで今になってそれを解いて来たのか…?」
 
私A「お前もセリフが説明的だぞ。2014年の世界の贅沢品の消費の約半分は中国が占めたがその約76%は国外消費だそうだ。中国共産党もさすがに経済制裁なんぞやってる場合ではなくなってきたのかもな」
 
私BC「どうする?」
 

私A「ふふ安心したまえ、ちゃんと手は打ってある」

 
私BC「どんな?」
 
私A「まずは情報収集からだバナナ大学に調査を依頼した」
 
私B「おい、インフルエンザのウイルスが脳に回ったか?」
 
私C「こんな時間に病院開いて無いよ」
 
私A「私はインフルエンザじゃなかった。バナナ大学というのはバナナ輸入組合のホームページだよ」
 
私B「紛らわしいな、結局それが言いたかっただけかよ
 
私C「それで?」
 
私A「メールで問い合わせた。」

題名 

バナナがスーパーから消えました

本文

ここまでのことは今までありませんでした。L社、M社、M社の3つを回りましたがすべて完売です。

何が起こっているのでしょうか? 

 

私B「さすがの俺も、向こうの担当者が気の毒になってきたぞ」

 

私C「なんで?面白そうじゃん」

 

私A「バナナ輸入組合の事業内容は

  1. バナナの輸入調査統計に関する活動
  2. バナナの安全性の知識普及に関する活動
  3. バナナ普及に関する広報活動
だぞ。まさに業務内容について聞くんだから何も問題はない…さすがに吉本ばななさんに聞くのは悪ふざけだがな。おお、返事が来たぞ!
 

私BC「なんて返って来た?」

Re:バナナがスーパーから消えました

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

バナナ業界全体で見ますと12月までの一年間の日本への輸入量を前年と比較しましても約97%程度となっており大幅な減少という状況にはありません。

各スーパー、量販店さまの仕入れ、店頭陳列などの状況につきましてはこちらではわかりかね、「完売」であったという直接的な原因は残念ながら、わかりかねます。

宜しくお願いいたします。

日本バナナ輸入組合

私A「…だそうだ」

私B「ほほう、前年の97%かこれは緊急事態だな」

私C「つまり、バナナ大学の人はいい人です、というオチでいい?」

私A「ハイ…よろしければブックマークなどお願いします」